正直、誠実な態度が、味方を作る - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

正直、誠実な態度が、味方を作る

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

複雑な人間関係に悩んでいる人に多く見られる傾向として、

自分の考え、感情、価値観、そして問題意識を正直に、誠実に伝えることをしていない、というものがあります。

たとえば、職場の(ちょっと押しつけがましい)同僚に食事に誘われた。
でも、実は気乗りがしない。
「今回はね、おいしい中華のお店をみつけたのよ。一緒に行ってくれるわよね?」
ここで、「気乗りがしない」ことを伝えずに、
「そっか。うれしいな。でも、中華はちょっと苦手で・・・」
と、問題をすり替えて伝えます。

すると、その場は逃れられるかもしれませんが、きっと後日、
「○○さんは中華は苦手だったのよね。今回はイタリアンだからいらっしゃい。」
と、こうなるわけです。


たとえばまた、姑が苦手だと思っていたとします。
「今度遊びに行くわね。△△ちゃん(子供。姑にとっての孫)、大きくなったかしら~♪」
「ありがとうございます(本当は色々おもてなしするのがしんどくて嫌だ・・・)」


これは、正直な気持ちをきちんと伝えることができていないために起こることです。
上の、職場の人に対する対応でも、始めの段階で、
「仕事が終わったあとの時間は、勉強と、観劇などの感性を磨くことに使いたいんです。
お誘いはありがたいんですけど、2カ月に1回ぐらいのおつきあいにさせてほしいんです。」
と、気乗りがしない本当の理由を、相手の気持ちに配慮しつつも、
率直に、誠実に伝えることができていれば、

「次回誘われたときにどんな言い訳をするか」
みたいな、めんどくさいことを考えずにすむわけです。


上の、嫁姑問題にしても、こんな風に伝えることはできるはずです。
「色々気にかけてくださるのは嬉しいんですけど、
△△(子供)が、言えばなんでも買ってもらえると勘違いし始めていて、
おもちゃをどんどん買い与える関わり方は、正直困っているんです。

また、ものを色々頂くお気持ちはありがたいんですけど、
ものが豊かな現代、子育て中の私たち夫婦に一番足りないものは、
自分たちの時間と、あとは物を置く、家の広さです。

わがまま言うようで申し訳ないのですが、ものを色々頂くよりも、
実は、子供を預かってくれるとか、私たちの一番困っていることを
サポートしていただける方が、実はよほど嬉しいんです。」


ある意味、「複雑な人間関係」は、自分のコミュニケーションパターンによって生み出されています。
複雑な人間関係ができてしまった原因の半分は自分にあると考えてみる必要があります。

続きはこちら 「人を動かす秘訣:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【残りわずかです】パーソナルブランディングシート(恋愛編) ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/07/30 13:37)

★ルーク平野&平野みほこのセミナー動画プレゼント! ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/02/18 17:06)

「やり続ける秘訣」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/09/29 21:08)

相手にエンパシー(共感)を送る 松本 直子 - 婚活アドバイザー(2013/09/09 01:48)

「パートナーシップはプラスの感情もマイナスの感情も引き出してくれる」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/08/09 17:50)