浮気発覚後、修復を選択。そこからがスタートです。 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

浮気発覚後、修復を選択。そこからがスタートです。

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

浮気発覚後、散々喧嘩して、「離婚だ」という言葉も飛び交って、
結局修復を選択した。

周りから見れば一件落着なのですが、心の絆のことまで考えれば、ここで終わりではなくて、むしろ修復をお互いが選択したときが「始まり」です。

よく、浮気の話題を出されるのが嫌な夫が「俺が悪かった」という「謝って逃げる」という態度を示すことがありますが、これでは修復が始まりませんね。

妻の側としては「そんな言い方で終わりにしないでほしい」と言いたいところでしょうが、ここはひとつ、大人の対応をしていきましょう。

まず前提として、浮気をした側の「浮気」という行動は確かに責任があります。これは止めなければいけません。止めたからこそ、修復という解決に向けた行動のスタートラインに立てたわけです。

もうひとつの前提として、浮気という行動そのものは浮気をした側の責任だとしても、浮気が起こる土壌、夫婦の心の距離は二人で50%ずつ作りっこした、と考える必要があります。


そして、修復をするときには、その50%の責任を、両者で持ち合う必要があります。
とはいえ、浮気する夫は、逃げる傾向のある人が多いと思います。つまり誤解を怖れずストレートに言うと、あなたが怖いのです。男は女性が思う以上に女性のことを怖いと思っているものです。潜在意識レベルでは特に。

なので、問い詰めたり要求したり、相手に先に変わってもらおうというアプローチは、失敗に終わる可能性が高いと思います。

まず、浮気を直接話題に出すのではなく、【夫婦の心の距離】に絞って話をすることを、私は提案したいと思います。そして、夫婦の心の距離を作ってし まった原因のうち、あなたの責任の部分について、あなたがどう考え、今後どう自分を変えていきたいと思っているのか、それを語ってください。
・不機嫌でいることが多かった
・あなた(夫)を信頼せず、ひとりで勝手にやることが多かった
・あなた(夫)を見下した発言が多かった
・自分の思い通りにしようと、ダメ出しすることばかりだった
反省点と、「今後私はこうしていきたい」という宣言を伝えてください。

その上で、今からが夫婦やり直しのスタートラインだと思う、とハッキリ伝えましょう。


なお、この記事を見て「そんなことできるか!」とお感じになった場合、まだ心理的にこの記事の内容を実践できるところまで来ていらっしゃらないと思いますので、心の整理を先に進めることをお勧めいたします。

「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【残りわずかです】パーソナルブランディングシート(恋愛編) ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/07/30 13:37)

「パートナーシップはプラスの感情もマイナスの感情も引き出してくれる」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/08/09 17:50)

感情シグナルに、意識を向けよう 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2011/03/04 14:00)

批判で人を動かそうとしない 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2010/12/03 14:00)