束縛されない自由も、心地よさ - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

小形 徹
小形 徹 * 小形 祐美子 +プロスペクトコッテージ 代表
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

束縛されない自由も、心地よさ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談

心地よい家、とはなんだろう

このコラムでは、私たちがこれまで設計してきた住宅や

その周りにある物事をとりあげながら、「心地よい」ということについて考えてみたい。

 

< 束縛されない自由も、心地よさ >

 

 冬の陽だまりが気持ちを和ませてくれたり、夏に穏やかな夜風が涼しさを

運んできてくれたり、そんな身体で直接感じることができる心地よさと言うものは、

誰でもがイメージできることだ。

今ここでとりあげる住宅は、周りの家々に比べひとまわり小さく、

とてもシンプルな箱型で、銀色の波板でくるまれている。

 

建主はまだ若く20代の後半の夫婦。子供はまだいない。

彼らは生活が不本意な物事で拘束されるのを嫌っていた。住まいを作る際にも、

倉庫のようなものでとりあえず良い、と考えていた。

なにより将来にわたって家に拘束されたくないと考えていた。

この夫婦にとっての心地よさは、束縛されない自由と潔さだったのだろう。

 

この家は、水周りやトイレなどを除き、区切られた部屋は寝室ひとつと納戸だけ、

後はLDKと吹き抜け、廊下のようなフリースペースがあるだけ、

 という単純なものになった。

あまりにもコンパクトにしたため、

住宅金融公庫(当時)からの融資を受けるにあたり、最低面積制限に抵触し、

玄関部分を付け足したというのはいつも語られるエピソードである。

 

大きさや仕様をコンパクトにそして単純化することで、

建設にかかる金銭的・精神的負担を抑え、

それによって将来にわたる自由を獲得する。

これも<心地よさ>の一つのあり方かもしれない。

 

久里浜の家 / 木造在来工法 / 2階建て

設計:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所 

このコラムに類似したコラム

狭小地での集合住宅計画・木造重層長屋(続) 岩間 隆司 - 建築家(2015/12/30 13:53)

つねに勉強 情報収集 新しい仕様 岩間 隆司 - 建築家(2014/10/03 14:52)

木造耐火建築物による都市型集合住宅計画 岩間 隆司 - 建築家(2014/07/29 10:59)

コンクリート打放し仕上の断熱性 岩間 隆司 - 建築家(2011/11/04 10:42)