イタリアンのイタリアン - コラム - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

イタリアンのイタリアン

- good

カナダにいる兄の彼女はイタリアン、
性格にはイタリア系のカナディアン
(両親が、イタリア人でカナダ生まれ)

ただ今二人で実家に帰国中で、
昨日の夜は彼女が手料理をふるまってくれました。

◎前菜

トマトとモッツアレラチーズのサラダ、
アーティチョークのフライ

パンは、
ブルサンチーズを添えて。

◎メインとパスタ

カルボナーラスパゲティと、
ペンネのアマトリチャーナ
ポークのトマト煮込み。

◎デザート
フルーツサラダ(イチゴとバナナとレモン)

という豪華なお皿が、
約一時間半の間にささっと完成。
すごーい。レベッカ(という名前)!

アシスタントという名目で、ただ眺めていただけですが、
レシピはとても合理的!

大きな肉の塊をトマトで煮込んで、それだけで二品。

シンプルなトマトソースも、
お肉の味のこくが出てうまーい。

ちなみにカルボナーラの手順

1)ベーコンをあらかじめいためておく。(今日は、生のベーコン)
2)卵と牛乳とチーズ、塩コショウをまぜたソースを、
  用意しておく。
3)ゆであげたパスタと一緒にからめる。

生クリームではなくて、
牛乳というのも、へ〜と。
カロリーダウンだし、手軽に作れていいよね〜!

フルーツサラダも、
フルーツにお砂糖を少しかけて冷蔵庫に入れておくだけで、
シロップが染み出てきて、
さっぱりしっとり!
多分食感のポイントは、ごくごくうすーくスライスところ。
レモンは絞って入れますが、
フォークで中の果肉もこそげだしながら、
というのもおいしくなるコツかも。

イタリアンのイタリアン
こってりーな、イタリアーノを想像したんだけど、
シンプルでさっぱりで、いくらでも入りそうでした。