オモテとウラを考える2 - コラム - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

オモテとウラを考える2

- good

人間に限らず、動物は差別やいじめをするそうです。
物事を正義と悪に分けることもある意味差別と同じことですよね。
ある条件をつけて、これに満たしていれば正義、満たしてなければ悪、
というだけのことですから、差別の心理状態となんらかわりは無いでしょう。
だから、人間が差別をすることはしょうがない。

と、言い切ってしまえばなんの解決にもならないんですけど。

その差別の心は必ず消えないとして、じゃあどうするのか。
そこで、理性と理解なんではないかな。

相手の気持ちを察することで、理解する。
理解することで、差別することを理性で抑える。

それがたくさんの人間の中で、上手く生きていくコツなのではないか。

まあ、簡単なようだけどすごく難しいですね。
まずは、知識をたくさん身につけること。それは、正しいものも間違っているものも全部。

無知は一番の恥です。