デザインの話し その3 - コラム - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

デザインの話し その3

- good

そこで、堅苦しくない工業デザインのお勉強です。
昔の人はどの様な性能を要求されてどの様に解決して行ったかご紹介します。温故知新です。

題材にしますのは、第二次大戦時代の日本を代表する戦闘機。
ゼロ戦(画像1)と隼(ハヤブサ)(画像2)です。
写真のアングルが違うのであまり良い教材ではありませんが、ゼロ戦は海軍が三菱に開発させた戦闘機で、隼は陸軍が中島飛行機(富士重工の前身)に開発させた戦闘機です。

エンジンは共に1000馬力級。全長・翼長ともほぼ同サイズです。基本的に当時の新鋭機の主流になりつつあった低単翼型の飛行機で引き込み脚を採用しています。関心の無い方には殆ど同じ飛行機に見えてしまうほど良く似ています。

要求された性能が1000馬力級のエンジンを搭載して時速500Kmを超える速度を達成させる事(当時の戦闘機はせいぜい1500馬力級の戦闘機でも400Km止まりです)航続距離は800Km以上。(これも当時の世界水準の倍以上)しかも空戦性能に優れている事(小回りが良く効く事)だったのです。
馬力を大きくすればスピードは出ます。しかし1000馬力と云う制約がある。又航続距離を延ばそうとすれば翼長を長くすれは良いのですが、翼長を長くするとスピードが出ない。小回りを効かせようと思えば翼面積を増やせば良いのですが、翼面積を増やせば重量が増えてしまう・・・

どれ一つとっても相矛盾する要求ばかりです。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。