こんなはずじゃ・・・と思うとき - コラム - 専門家プロファイル

山中 伸枝
ワイズライフFPコンサルタント 
ファイナンシャルプランナー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんなはずじゃ・・・と思うとき

- good

こんなはずじゃない!

あなたは、そんな思いをしたことがりますか?

何もかもが思い通りにいかず、それまでの自分が全て否定され、なくなってしまったような思い。

わたしはもっと出来るはず。私にはもっと相応しいくらしがあるはず。


そしてこんな風に思い始めるかも・・・

うまくいかないのは、○○のせい!今の私は決して自分で望んだ自分ではない。○○がなければ・・・○○がいるから、私はダメなんだ。

私は結婚と同時にアメリカに渡りました。当時英語も分からず、友達もおらず、初めての土地で戸惑うばかり。

言葉が分からないというハンディは思った以上に、精神的に厳しいものでした。頼みの綱の夫も、新しい環境に適応しようと精一杯でしたから、若い私達にとって正にサバイバルのような状態でした。

買い物に行くのも一人で満足に行けない。
電話の請求書の不備にも一人では問い合わせも出来ない。
気楽に話が出来る友達もいない。
日本に帰りたくても、道が分からないから一人で空港までの行けない。

結婚するまでは、自分の好きな職場で生き生きと仕事をしていた私。
上司にも同僚にも恵まれ、後輩も出来仕事もこれからと意気込んでいた私。
それなのに今の私はなんだろう。何一つ自分で出来ず、今までの経験さえも無に等しい。なんの役割も果たさない無力な私。存在の意味さえもないのではないか。

今の生活は決して私の望んだ生活ではなかった。夫が留学さえしなければ、私は仕事も続けられていたのに。もっともっと仕事を任され、納得いく毎日を送れていたはず。

そんな思いで毎日過ごしていました。なんとも惨めな毎日でした。

そんなとき、ある人の一言で「はっ」と気が付いたのです。