実は左手 - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

実は左手

- good

最近、左手で箸を使う練習をしている。
眠っている感覚を呼び覚まそう、というわけだ。
左手で操ろうとすると、さすがに見るに耐えないヘタさ加減。
その点、30年近いベテランの右手さんはさすがである。
時々持ち替えては右手先生にご教授願う。
よくよく観察してみると箸使いというのは、ただ挟んでいるだけではなく、
2本で橋を作って軽く載せたり、引っ掛けたり、米粒に押し当てて引っつけたり、
様々な行為を織り交ぜながら、我々はメシを食ってるということに感心する。
そしてまた、右手で箸を扱っている時には気付かなかったのだが、
実は左手側のお茶碗ワークが重要だったということにも気が付いたりする。
ウチのコドモはスプーンは上手に扱えるようになったが、箸はまだ。
左手のお箸一年生、コドモには負けないつもりである。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。