そういう幸せで - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そういう幸せで

- good

■2006.02.10(fri)
このところ、ほんと忙しい。
コドモと公園で遊んだり、日曜日のパパらしいことをした記憶は、
今年初の雪が降った日に、舞う雪に怖がるコドモをムリヤリ連れ出しソリ滑りをした小一時間。
その前は・・・正月かな。
いつぞや買ってやった三輪車、
公園でコドモを乗せて遊びたいなぁと思いながら、
結局いまだ一度も外で乗せていない。
(カミさんは数回遊ばせたようだが)
以前決めた『どんなに忙しくても、日曜だけは休む』も、
「今週だけはしかたない。・・・今週だけは」と、
例外の方が当たり前になってしまった。
自由になる時間は全くないなぁ。
ブルーズハープは2ヶ月クチにしていない。
ギターは3ヶ月以上触ってない。
毎日こんなに仕事してるのに、
こなすべきことの方が、ドサドサと増えていく。
すんごい、マッハな毎日。
しかし、そんなんでも、
コドモとのコミュニケーションが無いかと言えば、
その点だけは、恵まれている。
これだけは、自宅件事務所の特権。
散歩に行く時間も、遊びに付き合ってあげる時間もないけど、
コドモが朝もぞもぞ起き出すのも、
夜「バイバーイ」って布団に入って行くのも知ってる。
今は休みがとれないし、ボーナスもないけど、
目の前にはやりがいある仕事があって、それが楽しくって、
お昼ごはんはコドモと「おいしいね」って言いながら食べていられる。
そういう幸せで、オレはいいやな。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。