設計者の自邸建設ブログ - コラム - 専門家プロファイル

株式会社タジェール 建築家・インテリアデザイナー
東京都
建築家
03-5305-2773
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

設計者の自邸建設ブログ

- good

シリーズを読む

このサイトで私の住居と事務所の工事過程をブログで更新する中、様々な方からご意見を伺いました。この紙面を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございます。

インテリアからスタートし何軒もの住宅設計を実務とし実は自分のところは一生、賃貸でもいいかな。と思っていたので、自邸の設計にあたっては自分でも不思議なくらい、気負いもなく、''自然な形のものづくり=「ムリをせず、気持ちよく創る」''になりました。

住宅地にありながら開放的な2階のプランがきもちよいです。格子戸で包まれたバルコニーがプライバシーを守りつつデザインのポイントになっています。
専門家から見ると勿論、エクボもアバタもあります。「もっと手間をかけて作りなさい」とお叱りを受ける部分も当然、あります。でも「私、ここはヘタです」とも言える。そんな設計になった。と私は思っています。

一番の想い出は毎朝の職人さんとのやりとり
日課がそろそろ終わりに近づくのがちょっと寂しい。。。職人さんや現場関係者は「やっと、終った〜」って喜ぶだろうな。

但し、これは 私の家だから。であって、他の方には適用しません。スミマセン!

私も住宅ローンを抱えた身として、又 愛する家族と来年もバカンスに行けるように、更に良い仕事をしていきます!皆様よろしく。
(上の写真は家族で暮らしていたバルセローナの郊外レストラン)
(下の写真はバルセローナの旧市街:娘と息子はバルサシャツ姿。)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社タジェール 建築家・インテリアデザイナー

街並みや生活スタイルから“建築”のあるべき姿を見つけます

2006年、40代半ばで住居兼事務所の建物を創りました。都市部にありながらも開放的な住まいになっています。家づくりを検討されている方にはご案内いたしますので、直接ご連絡下さい。又、環境共生型など様々な新しい試みもしています。

03-5305-2773
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。