「世の中にあり得ない事」 - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「世の中にあり得ない事」

- good

■2005.12.06(tue)
ずいぶん簡単に人を殺すよな・・・。
町田の女子高生が刺されたのが、もうずいぶん前の事のように感じてしまう。
そのたびごと、事件をきちんと伝える報道の警鐘的役割ももちろん分かるけれど、
新聞にデカデカと書かれる「衣服の上から数十カ所を刺され」なんて見出しを目にするたび、
言いようのない、堕ちていく先の見えない恐ろしさを感じる。
それが思考停止だとしても、「世の中にあり得ない事」という観念が
そう遠くない昔まではあったと思うのだ。
普通の生活をしていたら想像すらつかない、
あってはならない とかいう『判断』をするまでもなく、
『あり得ない』って、脳のシャッターが降りてしまうような、
観念に守られた禁忌・タブーってのがあると思うのだ。
それが、こんな風にしょっちゅう、刺した、絞めた、殺した、とかいう言葉が
普通の人の普通の日常生活の中にありふれてしまって、見聞きする機会が増えてる。
いま、殺人や傷害が、世の中の「あり得る事」として認識されていっている。
報道によって、繰り返し詳細に伝えられ、それがいつの間にか人の意識に
ジワジワと馴染んでいっていることに本当に怖さを感じている。
子供に「ねぇ、どうして人を殺してはいけないの?」と訊かれたら、あなたならどうしますか?
僕なら・・・(これは賛否両論あるでしょうが)
間髪入れずに思いっきり真剣にひっぱたくことでしょう。
それしかないのだという気がしています。
そこだけは、人が疑問として取り上げてはいけない部分だとして
「あんなに恐ろしい形相の父ちゃんは、後にも先にも見た事がない」というくらいの強烈な原体験とともに、
観念に刻み込むしか無いのではないかと思います。
「あなたならどうしますか?」
よかったら本当に意見をお聞かせください。
sd@sunaga.org
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。