今ならまだ - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今ならまだ

- good

■2005.12.05(mon)
ホテルが次々と休業しているが、
(そりゃぁあんなに報道されちゃ休業しないわけにいかないのだろうけど)
それは現行の耐震基準に満たないというだけで、
1981年以前に建てられた建造物は、
当たり前に現行の耐震基準になんか満たないわけです。
でもそこは騒がれませんね。
姉歯物件の方がまだ強いって可能性だってあるわけです。(可能性ですよ)
1981年以前の確実に弱いビジネスホテルなんかは、
たーくさんあるはずですが休業しませんよね。
先日書いたことの繰り返しになりますが、現状の日本で道徳を問うても無理な気がします。
残念ですが善意を装った損得勘定という印象しか受けません。
テレビやネットニュースなど、流れては消えていくメディアの中で、
本当に一流の専門家の意見もあれば、
本当に建築の世界を知っているのだろうかと疑いたくなるような自称専門家の偏った見方、
自己弁護を含んだ当事者の説明や矛先を変えるための問題提起、
事を荒だてるのが仕事だとでもいうような下世話なコメンテーターなど、ゴチャマゼの報道の中で、
僕が目にしているだけでも、明らかに間違った説明が随分あります。
日本にいーっぱいいる建築関係者はヤキモキしながら
この事を見ているような気がします。
どうか普通のかたがた、振り回されないようにしてください。
しかしながらこの大騒動が、
多くの人々に、歪んでいる建築業界についての正しい知識と、
来るべき大地震への備えを我が事として真剣に考えてくれる機会となってくれることを期待しています。
今ならまだ犠牲者は出ていないし、間に合うのですから。
(被害者はいっぱいいますけども)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。