文章は点描画に似ている - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

文章は点描画に似ている

- good

■2005.10.27(thu)
文章は点描画に似ている。
バラバラに置かれているとき、コトバは記号。
コトバとコトバを隣り合わせて並べてみることで、意味が生まれてくる。
どのコトバを沿わせるか、隣との関係で、意味が変わる。
順序や配置を少しズラす。小さな一手でもニュアンスが変わる。
コトバのひとかたまり、文章。
文章のひとかたまり、段落。
それらを入れ替えてみると、また変わる。
ニュアンスどころか意味が変わる。
また、そんなに大きな配列の組み替えをしなくても、
たった一点のニュアンスひとつで、イメージが変わり、
すべての意味がひっくり返ってしまうようなこともある。
例えば、お詫びの手紙を書いたつもりが、ほんの少し混じった自己弁護のニュアンスが、
余計に嫌な印象を与えてしまって、火に油を注ぐことになった。
なんてことも珍しくないだろう。
コトバは抽象的な世界。
それを具体的な意味の届くものとするのは、実は大変なことだ。
小さなニュアンスのひとつが、全体の意味を変えてしまう決定的なエラーとなる。
どれだけ悩んで組み立てた文章でも、自分を表すジャストなものには成り得ない。
極力近づけるということしかできない。
納得できるところまで、妥協できるところまで、あーでもないこーでもないと繰り返す。
コトバも絵も、おそらくきっと音楽もそうだろう。
アウトプットした側のおぼろげな感覚を、
記号を用いてある程度の具体的なものとして伝達し、
受け手は、受信したその記号を自身のなかで再構築する。
FAXの送受信みたいなもんか。
雑に扱えばそれなりの結果だし、
誤差の少ないように取り扱おうと思うと、
えらい大変なことになる。
コトバを自由に扱えるようになるまで、僕はまだまだ時間が掛かりそうだ。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。