暗闇体験 - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暗闇体験

- good

■2005.10.20(thu)
ダイアログ・イン・ザ・ダークで暗闇体験をしてきた。
参加者ひとグループ7人が、視覚に障害のあるリーダーに引率されて、
小一時間の真っ暗闇体験。
(ここでは『視覚障害者の大変さを理解しよう』なんてことは書きませんが)
率直な感想、すごくすごく楽しかった。
小一時間で終わってしまったのがとっても残念。
そして、(これが不思議なのだが)なんだか気持ちよかった。
真っ暗にしてお風呂に入っているときも、魂を休めているような心地よさがあるが、
あんな感じで、もっと気持ちがいい。
闇の宇宙を漂い泳いでいるような感じ。
目の前5cmに自分の手をかざしたってさえまったく見えない、本当の真っ暗闇の中で、
用意されたコースを声と杖を頼りに恐る恐る歩きながらいろいろなことを体験していくのであるから、
もちろんドキドキする体験ではあるのだが、同時にすごく気持ちいい。安らいでいる感じ。
「視覚って、無けりゃ無いでべつに悪いもんじゃない」という気がしてくる。
 (もちろん、こんな幸せな暗闇体験ができたことは、
これがイベントであり安全が保証されているというバックがあっての安心感でもあります。
視覚障害のあるかたの人生のそれとは全然違うものでしょう。
あくまで、イベントでの小一時間のお試し暗闇体験で、これは、視覚がちゃんとある人の贅沢な遊びです。)
 真っ暗闇をしばらく体験していると、目が見えてないってことにもじきに慣れてきて、
耳と鼻と皮膚で、「感じよう」とするようになる。
目が見えていたときには描けなかった像が、
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。