「地震が来るともたない」 その2 - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「地震が来るともたない」 その2

- good

関東中の住宅が、まったく同じ構造の、まったく同じ建物だったとしても、
一つの大地震での壊れかたには個体差が出るだろう。
「こちらは全壊、3軒向こうは無傷」なんてことがあっても全然不思議じゃない。
偶然にも地震の波が集まっちゃう場所だったり、震動の周期にピタッと合ってしまったり、
山ごと地滑りしちゃったり。
想定も対策もしようのないことに合ってしまうこともある。
そんなんでも一応基準になるのは、建てられたのが1981年以前か以降か。
その年を境に、建築基準法の耐震基準が厳しくなってるので。
ちなみに耐震の構造計算上の耐力は、目安としては震度5強から6弱。
それにプラスして、計算上は算定していなくても実際には効いている部材というのがけっこうあるので、
実質的には阪神クラスの大地震でも、1981年以降の建物の被害は少なかったとのこと。
地震にもつかどうか、ということで言えば、
素人目にもボロく見える建物は、やっぱり安全ではないですよ。
運良くってことはあったとしても。
少なくとも、かなり危険な地面の上で暮らしているんだということくらいは、
みんなが自覚しておかないといけませんよね。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。