iBookのデュアルディスプレー化 - コラム - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

iBookのデュアルディスプレー化

- good

■2005.10.10(mon)
ははは!!
3日前に新しいiBookを買ってきたのだが、
早速デュアルディスプレー化に成功!!
分からないかたには、分からないことで、スミマセン。
カタログ上では「iBookにはそんな便利な機能はついてません。
それがやりたきゃ、もう10万円出して上位クラスのシリーズを買ってください」ってことになっているのですよ。
それが、いろいろ調べたら出来ちゃいました。
ははは!!
うれしくって、笑いが止まりません。
これで図面描きの作業がずっと楽になるぞぉ。
ちなみに、今まで使っていた古いiBook G4(14" 1G)でも
2本指スクロールができるようにして使ってました。
その方法はこちらを参考に。
これまで、少し時代遅れのものでもまだ使えるっちゃ使えるから、
だましだましで使うということをしてきましたが、
いろいろ限界を超えてきたので、この1年ほどでウチのコンピューター環境は一新。
すべて2世代目に入った感じです。
フィルムもきれいに読めるスキャナ、高速A3プリンター、ネットワークに接続できる外付けハードディスク、
iBook、DELLのノートPC、AirMacの無線LAN。
macOSが8.1、windowsが95の頃から考えると、便利になりましたねぇ。
ま、コンピューターが一般的になってきた創世記で、
進化のスピードが異常に早かったり接続方式がガラガラ変わったり、
コンピューターの金食い虫振りに振り回されたこの10年でしたが、
もうそろそろ落ち着いてくれることでしょう。
Macのノートが10万円そこそこから買えるなんて、
考えられませんでしたよね。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。