配筋ふたたび-セタガヤの家 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

配筋ふたたび-セタガヤの家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
建築のいろいろ セタガヤの家

間一髪コンクリート打設前に発見できた配置ミスも解消されました。
写真は排水管の貫通部分。
これは水を使う建物である以上必ず存在 するものですが、この場合のコンクリートの処理はちょっと気を使う必要があります。
コンクリートにはかぶり厚という、鉄筋などの外側には一定以上 の厚みを持たせないと強度不良になります。排水管が貫通する場合、この写真で言うと排水管が立ち下がって折れ曲がるところ、ここが通常の形状のままですと コンクリートが薄くなってしまうんです。
ここでは、そうならないように周辺の土をえぐって、かぶり厚を確保してもらっています。
みえにく いですが、管のまわりは鉄筋による補強もしています。

基本といえば基本の処理なのですが、こういう細かな配慮が完成まで延々と続くわけです。

このコラムに類似したコラム

引き渡し前夜 秋葉 忠夫 - 工務店(2013/04/27 08:10)

光と風を手に入れた家 大塚 泰子 - 建築家(2016/02/06 14:57)

やばい・・・水切り 信戸 昌宏 - 建築家(2015/09/28 12:00)

建物進捗 信戸 昌宏 - 建築家(2015/06/30 12:00)