(写真相談) 元々ある隙間を利用し前歯の歯並びを整え - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
大阪府
歯科医師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(写真相談) 元々ある隙間を利用し前歯の歯並びを整え

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
審美歯科、矯正歯科の質問と回答
(質問)
最近、下の前歯がかなり内側へ入ってきてしまい、矯正したいと思うようになりました。
下の歯は奥から3番目が中に横になって生えてしまったために、大学生の
時に抜歯を勧められ、抜きました。
抜いた後に歯が傾くのを防止するために、傷んでいない歯を削り、
ブリッジを付け、一部足りない部分?の歯の隙間をカバーする処置を受けております。
そこで、素人考えではございますが、ブリッジをはずし、元々ある隙間を利用して、前歯の歯並びを整えることはできないだろうかと考えております。
素人の言うことでございますので、大きく間違っているかもしれませんが、どうぞその点はご容赦ください。
どういう矯正が適しているのか、またその場合の費用は大まかにどのくらいかかるのかをご教授いただけますと幸いでございます。


(回答)
写メール相談有り難うございます。画像を拝見する限りでは、ブリッジの欠損部(真ん中のみ)をカットして、下の歯の部分矯正が可能と判断します。但し、上下の中心にズレが生じますので、完璧に治すなら上下とも歯列矯正を行うことをお勧めいたします。

叢生(そうせい)、乱杭歯(らんぐいば)、八重歯(やえば)
 http://www.umeda.or.jp/ort_yaeba.html(矯正)
 http://www.umeda.or.jp/syorei_02.html(差し歯、オールセラミッククラウン)

大阪のウメダデンタルクリニック http://www.umeda.or.jp/
審美歯科、矯正歯科の20周年謝恩キャンペーン

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 歯科医師)
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長

大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

虫歯治療だけでなく「美しさ」も含めた治療を追求する「審美歯科」で25年。先進国アメリカの審美を学び、7000ケース以上の実績を重ねて参りました。白くきれいな歯並びの美しい笑顔は自信にもつながります。日本の審美歯科への意識向上のため努力を続けます。

カテゴリ 「審美歯科、矯正歯科の質問と回答」のコラム