よく噛んでいますか? - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

小川 朗子
アンチエイジングデンタルクリニック恵比寿 院長
歯科医師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

よく噛んでいますか?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
口元の若さを保っていると、確実にお顔全体が若々しく見えます。なぜなら、顔の筋肉である表情筋は口元まわりに70%集まっているからです。
法令線や口角、唇など、目元と同様に年齢が出やすい部分を意識したケアをしていきましょう!


歯のクリーニングやセルフケアでのブラッシングやフェイシャルトレーニングはもちろん、
普段の生活習慣で欠かせない「食事」の時間さえ、口の若さを保つポイントがあるんです。


噛む時には、奥歯でしっかりと“もぐもぐ”食べてください。一度お口に入れたら20回は咬むといいですよ。側頭筋や咬筋をよく動かすと表情筋のリフトアップ効果も出ますし、顎のラインもきれいになります。→そういった意味では、よく噛む必要のある、野菜や玄米、和食などの健康食がいいのでしょうね。


筋肉は使わないとどんどん衰えて萎縮していってしまいます。これはお顔も身体も一緒です。
「人は見た目が9割」なんて書籍もあったように、見た目年齢に関わる顔や口元を若く保つためにも、
"ただ食べる”のではなく、ちょっと意識して食事をするようにしてみてください。


ちなみに、よく噛んで食べると少しの量でも満腹感が得られ、肥満防止にもなりますよ!