【動画-04】動画配信のコスト - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

桝田 良一
あん共育有限会社 サービス等価交換TOKAインストラクター ITサポート
石川県
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【動画-04】動画配信のコスト

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
動画配信 動画配信の投稿用
動画配信にかかるコストには以下があると私は考えている。
1)動画を制作するコスト
2)動画を配信するための配信サーバーのコスト
3)動画の配信の結果を見極めて再度作りこむコスト

順に説明をしたい。ただ、私は動画の作成のプロでないことは先に伝えておく。

1つめの動画を制作するコストはピンきりだろう。例えば数万円のデジカメでも最近は動画が撮影できる。そして撮った動画に対してナレーションを付けたり、撮影場所の背景にこだわったり、そのこだわり方によって価格が変わってしまう。さしあたり、4万円程度で購入したサンヨーのDMX-CG65で動画を取って遊んでいる。近々、私の講演のサンプルムービーもアップ予定だ。自分で作れば自分の時間は取られるがコストが抑えられるのとノウハウが付くのがメリットだ。

2つめの動画を配信するための配信サーバーのコストとしてはYouTubeを使う限り無料で使える。
また、有料で契約をして動画を配信するサーバーを提供する会社もある。例えば、金沢市にあるサイバーステーション株式会社のCyberMotionASPだ。
このCyberMotionASPの仕様は次の通り
・アップロードの容量制限は100MB以内(時間制限無し)
・エンコード映像形式は Flash Video形式
・エンコード音声形式は MP3形式
・画質は高画質1Mbps、標準500kbps、低画質250kbpsから選択
・音質は32Kbps 44100Hz
・アスペクト比は4:3(320×240ピクセル)または16:9(426×240ピクセル)
・対応フォーマットは.flv .wmv .mov .mpa .mpv .mpg .mpeg .mp4 .avi .3gp
・料金は月額35,000円〜

3つめは1つめと同じ考えで通じるので割愛する。