ECサイトによくある15の失敗例その3 ネット通販 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

青田 勝秀
大国屋ビジネスコンサルティング株式会社 
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ECサイトによくある15の失敗例その3 ネット通販

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
今回も引き続き、ECサイトによくある15の失敗例を訳しておきます。

原文はこちら


15 Common Mistakes in E-Commerce Design


7.商品画像がすっごい小さいっ。


お客様は商品が届くまで、商品を手に持って確認することができません。お客様のそういった環境を少しでも改善できるよう、よりわかりやすくなるように出来る限りのことはしなければいけません。

どうすりゃいいの?


商品イメージを大きく表示するか、お客様にクリックいただいたときにズームイン画像が展開できるように設定をする必要性があります。1024×768 pixelsで画像表示すれば、平均的なモニターで最大表示が可能になります。

8.たった1つしか商品画像がないっ。


御社の商品がデジタルデータで納品できる場合を除いて、いろんな角度から複数の画像イメージを提供する必要性があります。画像は色別に、正面から、背面から、横から、詳細の特徴などを使用することで、よりお客様は御社から商品を購入しやすくなります。

どうすりゃいいの?


これに対する処方はシンプルで明快です。
もっと商品画像を増やしましょう。4つ画像を増やすことで、「お客様が何を買おうとしているのか?」が明確にわかる商品画像を提供することができます。

9.カートのデザイン、機能が貧弱


御社のECサイトにおいて、カートは非常に重要な存在です。
全てのお客様が、複数の商品を選択してカートに入れることが出来ないといけないし、個数を見直しが出来たりもしないといけないし、商品の全てのオプションが選べないといけないです。同時に透明性も維持していないといけません。簡単なことではないですよね。

どうすりゃいいの?


御社のカートでお客様が商品を追加して、その直前のページに戻れることを確認してください。
下記のようなカート機能がより望ましい機能です。、
商品ページに滞在させたままでカートに商品を追加させることができる。
お客様がカートの中で購入個数を決めることができたり、商品をカートから外すことができる。
決済完了の前段階で送料を確認ができる。


(アメリカのカートってどれだけ脆弱なのか心配になってしまいますよね・・・。)

――――――――――――――――――――――――――――――
売上をガツンと伸ばしたい!そんな「思い」にお答えします。
無料EC・売上コンサルティングなら大国屋ビジネスコンサルティングへ!
twitter ID: ebisu_daikoku
―――――――――――――――――――――――――――――――