歯根の破折はこう防げ - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

神谷デンタルオフィス 藤沢インプラントセンター 理事長・歯科医師
神奈川県
歯科医師
0466-50-4505
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歯根の破折はこう防げ

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
接着は歯科治療を飛躍的に進化させた
神谷デンタルオフィス 藤沢インプラントセンターでは 支台築造に グラスファイバーのポスト

と接着性レジンを使用して10年になりますが 当院での歯根の破折は著しく減少しました

大学では歯根だけになった歯牙に金属でポストをいれて土台をつくる方法を教えていました

直径は歯根の3分の1 長さは歯根の3分の2を基本として金属を鋳造して作製して セメントで

合着していました しかし金属は歯にストレスがかかった時に素材が硬すぎて 歯に対して くさび

の働きをして歯根破折を引き起こします 歯根破折は歯にとって致命的でそのほとんどが 抜歯に

いたります 5年前の医学常識のくつがえされることはめずらしくありません   

現在金属で土台を作ると その強度は逆に弱くなる事が実証され

接着によるしなやかなマテリアルを使った土台作りが最も注目を集めています

ファイバーポストとコアマテリアルは10年ほど前よりいろいろためしてみましたが 現在では

サンメディカル社のi-TFCファイバーシステム

を使用してとてもいい感触を得ています

グラスファイバーといえば ゴルフのシャフトや釣り竿に使われています

また首都高速の柱の補強にもファイバーと接着材が用いられています

カーボンファイバーはF-1の骨格や多くの部品に使用され 軽くて強い事から最近は市販の車にも

フィードバックされています ブレーキのロターやボディー 内装などたくさんつかわれています

BMW M3:http は屋根がすべてカーボンで作られています

またルフトハンザ航空のシートはレカロ社製でカーボンのパーツが使われていました

このように歯科治療にも新しい素材がどんどん使われています

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 歯科医師)
神谷デンタルオフィス 藤沢インプラントセンター 理事長・歯科医師

神奈川県藤沢市の歯科医院。マイクロスコープで精度の高い治療を

神奈川県藤沢駅近くで開業しています。時間、痛み、費用など患者様の負担を少しでも減らすために高い技術を導入した治療を心がけています。単行本『患者が決めた!いい病院ー患者9万人アンケート 関東版 完全保存版』でも取り上げられました。

0466-50-4505
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。