老後をバリアフリーの快適空間で - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後をバリアフリーの快適空間で

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のチークハウス
2年ほど前にスケルトンリフォームをした光が丘のカリンハウス
そのクライアントが、古くなった一戸建ての家に住む母親を近くのマンションに呼び寄せ、その最上階をスケルトンリフォームすることになりました。

光が丘のチークハウスのクライアントからは、これからの人生を自分の心地よいと感じる空間で、不自由なく暮らしたいとの要望。
クライアントが趣味でつくる置き物が映えるよう、仕上げにはチーク無垢材や漆喰、大理石などの質感の高いものを採用し、重厚かつ高級感のある落ち着いた空間に仕上げました。
夜は、間接照明により部屋全体が柔らかく照らされ、ゆったりと寛げるそうです。

クライアントが高齢なことから、「バリアフリー」も重要なテーマでした。
これまでは2階建ての住宅で階段の上り下りが困難だったようで、マンションのフラットな空間というのも、今回の計画の重要な要素でした。内部の床の段差は極力なくし、主な建具も引き戸とし、手摺も適宜設置できるよう、壁の作り方に配慮しています。
また、マンションの最上階で夏場に室内が暑くなる恐れがあるため、天井裏に断熱材を入れ、温度環境のバリアフリーも目指しました。

このようにして、コンパクトでバリアフリーな空間が、子世帯と味噌汁の冷めない距離に実現しました。

これから数回に分けて、この光が丘のチークハウスをご紹介していきますので、ぜひご覧いただければと思います。

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。