サイトのアイコン「favicon(ファビコン)」の活用 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

林 俊二
ネットライフパートナー株式会社 なにしろパソコン編集長
東京都
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

サイトのアイコン「favicon(ファビコン)」の活用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
「お気に入り」にあるサイトを保存したとき、そのサイトを象徴するようなオリジナルのアイコンが表示される場合があります。可愛らしいものから、格好いいものまで、いろいろあります。

※ちなみに私が管理運営する「なにしろパソコン・ドットコム
 のファビコンは『な』です。なんとなく、笑えるでしょ???
 
このアイコンは「favicon(ファビコン)」と呼ばれ、「favorite(お気に入り)」と「icon(アイコン)」を組み合わせた造語で、拡張子が「.ico」という特殊な画像ファイルです。
 
自分のサイトで導入したい場合、まずは画像形式「.ico」のアイコン画像ファイルを作成する必要があります。フリーの作成プログラムもありますし、大きめの画像から自動生成してくれるサービスもあります。

自動生成のサービスも含め、以下のサイトが参考になります。私も、ここを参考に作りました。

Favicon Japan!! -16×16の小宇宙ファビコン-



さすがにアイコンのデザインは、どうしてもセンスの問題がありますが、自社のロゴやバナーの一部を加工するだけでも、それらしいものはできます。
 
出来上がったファイルをたとえば「favicon.ico」という名前にして、たとえば「http://www.○○○○.com」のウェブサーバーのルートディレクトリにアップしたあと、そのアイコンを表示させたいページの「ソース」に



という一文を埋め込めば、そのページを開いたとき、アドレス表示の先頭や「お気に入り」のアイコン、さらにデスクトップに保存したサイトへの「ショートカットアイコン」が「favicon.ico」の画像になります。
 
>ファビコンを導入しても強力な SEO対策 になるわけではありませんが、標準の味気ない「e」マーク付きの「書類アイコン」と比べたら、愛着も湧き、利用者に好印象を与え、保存された「お気に入り」の中でも目立つこと、再度、クリックしてもらえる可能性も増えるはずです。
 
以下の私の書いたページも参考にしてみてください。

サイトのオリジナルアイコンを保存する方法(パソコントラブルQ&A)


 
IE6 のが主流だった時代は、このファビコン表示が不安定で、何かあるごとに表示されなくなったものですが、IE7 以降はかなり安定して表示されるようになっているので、導入する価値は高くなっており、今回、紹介させていただきました。
 

パソコン生活応援アドバイザー 林 俊二(キューアンドエー株式会社


運営ポータルサイトブログTwitterメールマガジンパソコントラブルQ&A
インターネットFAX「メッセージプラス」ウイルス対策サービス「安心だネット!」