ホームページ問題と対策:ボタンの順番 - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ホームページ問題と対策:ボタンの順番

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 ホームページ問題と対策

ボタンの順番


また、フォームのボタンの位置で離脱を増やす場合がある。一般的に、フォームのボタンは「申込み」「キャンセル」の順で並ぶ。

(図参照)

しかし、意外と多いのが「キャンセル」「申込み」という順のボタンの並びである。文字を読まずに左のボタンを「申込み」と思ってクリックするユーザーが意外と多い。すると、「キャンセル」ボタンを押し、今まで書いた情報をクリアしてしまう。入力項目が多いフォームでは、ユーザーは面倒と感じ、申込みをやめてしまう。致命的である。

例えば、「申込み」「キャンセル」のボタンの大きさや色を変えたり、斜めに「申込み」「キャンセル」を配置する工夫も有効である。また「キャンセル」ボタンをもうけない例もある。たしかにキャンセルボタンは簡単にホームページに付けられるが、必要であることは少ない(入力を全部消したいと思うことがあるか、考えてみるといい)。過去にフォームボタンの位置を変えただけで、数倍の申込み数 UP に結びつくことがあった。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

ホームページ問題と対策(2007/04/23 00:04)