★7/3-9/27 「昭和少年SF大図鑑展」開催中 - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

岡星 竜美
イベントコンサルタントオフィス シリウス代表、東京富士大学 教授
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
うえた さより
うえた さより
(マーケティングプランナー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
今井 英法
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

★7/3-9/27 「昭和少年SF大図鑑展」開催中

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略
イベント情報
けして豊かではなかった。
だけど、いつも大きな夢を見ていたあの頃・・・。

「昭和少年SF大図鑑展」
---S20〜40'ぼくたちの未来予想図---

開催中です!



戦後の復興期から高度経済成長期にかけて、沢山の少年少女雑誌が発行されました。その中で子どもたちを魅了したのが、近未来を予見したような未来予想図です。

誰もが自由に宇宙に行ける未来、自在に空を飛ぶ乗物や流線型の高速車が走り、超高層ビルが立ち並ぶ未来都市、何でも言うことを聞いてくれるロボット、宇宙からの侵略者や怪獣と化学兵器を駆使して戦うスーパーヒーローなど等。

いつか実現される、という願いをこめて、子どもたちは様々な空想の産物を夢見ました。

当時多くの優れた画家・漫画家たちが、こうした未来の姿を、雑誌の表紙絵や口絵、絵物語、漫画など様々な形で表現しています。

彼らは想像力を駆使し、時にリアルに、そしてメカニックに描き出した空想科学の世界は、子ども達に未来への夢と希望を与えました。

本展覧会では、小松崎茂・伊藤展安、梶田達二、高荷義之、中島章作、中西立太、南村喬志等が描いた雑誌表紙・口絵を中心に、冒険科学絵物語、SF漫画、少年少女SF全集、宇宙・SFブームから生まれたプラモデルなどの玩具・文具等の展示から、昭和20〜40年代の空想科学世界へとご案内いたします。

日本がまだ夢見る力に溢れていた時代、子ども達が憧れ、胸躍らせた未来の姿をお楽しみ下さい。



昭和少年SF大図鑑展
---S20〜40'ぼくたちの未来予想図---

●会   期:2009年7月3日(金)〜9月27日(日)
●開館時間:午前10時〜午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
●休館日 :月曜日(ただし祝日の場合は翌火曜日)
      ※9/15(火)〜9/27(日)まで無休です。
●料   金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円
      (竹久夢二美術館もご覧いただけます)

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/



子どもの頃夢見た、なにもかもがバラ色の未来・・・
本当の未来は、あの頃にあったのかもしれませんね。


今日も感動させて★ー。"昭和"へ出かけましょう!