保険の転換、勧められたら要注意! - 保険選び - 専門家プロファイル

保険比較ライフィ 
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の転換、勧められたら要注意!

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
家族を守る 子育て・学資保険・医療保険
40歳代、50歳代の方々の多くが加入している「定期保険特約付終身保険」。

定期保険特約の部分は更新型になっている場合が多いため、
この時期に保険の外交員さんから「新しい保険に見直ししませんか?」と
お誘いを受けることも多いと思います。

このとき、ぜひ気をつけていただきたいのが
「保険料が今までよりも安くなりますよ!」の言葉。

この言葉に気をつけないといけないポイントがあります。

●本来、年齢が上がれば保険料は上がるはずです。


なのに保険料が安くなるのは理由があるのです。
ご存知だとは思いますが、保険には大きく2種類の保険があります。
1)貯蓄性の高い終身保険
2)保障重視の掛捨て保険 です。

過去に、一生懸命積み立ててきた貯蓄性の高い保険を解約して
この解約金で新しく掛捨て保険を買えば、保険料が絶対に安くなります。
その代わり、貯蓄部分はどんどん減っていってしまいます。
また、予定利率が4.0%以上の貯蓄性保険の契約は絶対に
解約しないでください。今は1%台ですので。

●保障が必要なときに切れてしまう可能性


このケースで多いのが主契約の終身保険は問題ないのですが、
特約が曲者です。65歳で保障が無くなるものが多い場合があります。

必要な頃に保障が切れてしまって意味の無い契約になる
可能性が高いのです。
医療保障は65歳以上が必要ですし、介護保障は70歳代後半から必要です。

転換を勧められたらよく吟味してからサインしてくださいね。

この場合は、貯蓄性の高い終身保障の保険契約だけを残し、
特約を全部解約してもいいと思います。
医療保障も介護保障も、終身保障でも安い保険が
たくさん発売されていますので。



参考関連リンク
・定期保険特約付終身保険の仕組み
 → http://lify.jp/contents/insurance_study/s19.php
・払済保険とは?
 → http://lify.jp/contents/insurance_study/s25.php


保険選びのお勉強 http://lify.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 保険アドバイザー)
保険比較ライフィ 

保険は難しい!自分の保険について学んでください

【個人向け】ご自身の保険について詳しくなっていただくための情報を提供!【中小企業様向け】「財務体質の強化コンサルティング」。決算内容の改善や含資産の形成、与信力の強化、リスクヘッジ、経営者が抱える財務の悩み解決をご提案。

カテゴリ 「家族を守る」のコラム

高額医療費の医療費控除(2010/05/28 16:05)