耐久性の高いデッキはほぞ組工法で - エクステリアデザイン - 専門家プロファイル

加藤 明伸
茶ノ木 代表取締役
神奈川県
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:エクステリア・外構

江藤 繁
江藤 繁
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐久性の高いデッキはほぞ組工法で

- good

  1. 住宅・不動産
  2. エクステリア・外構
  3. エクステリアデザイン
ウッドデッキ
ウリンのように、半永久的な耐久性のある材料を使用する場合は、
施工内容にも充分考慮する必要があります。

折角、丈夫な材料を使うのですから、工法もプレート金具などに
頼らず、材料をしっかりと組み合わせた工法にするべきでしょう。

柱を切り欠いて組み合わせ、デッキ重量を支える工法です。

在来工法のほぞ組と同様です。 室内は金具でも錆びませんが、
風雨に晒されるウッドデッキは、木材同士ががっちりと組み合い
支えないと、大変なことになります。

フェンス柱も同様に、デッキ上ではなく、大引き・根太・柱に
充分組み込む必要があります。

写真のデッキは屋根の出っ張りや、吐き出しのため、柱位置をかなり
ずらして建てましたが、組み込むことで非常に頑丈なデッキになりました。

材料価格・施工価格だけでなく、仕様こそ留意すべきです。


弊社だけのウリン標準仕様は 30mmx120mmリブ材の床です。

ウリンデッキ施工例は他にも圧倒的多数を掲載中です。

ウリンデッキ施工例