金属アレルギーと歯科 2 - 虫歯治療 - 専門家プロファイル

医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師
東京都
歯科医師
03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

金属アレルギーと歯科 2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 一般歯科・歯の治療
  3. 虫歯治療
歯科の蘊蓄
 アレルギーは化学物質や植物性・動物性物質など様々な原因で引き起こされます。その原因が金属の場合「金属アレルギー」となります。
 

 金属アレルギーは、湿疹、舌炎、口内炎、掌せき膿疱症などを起こします。ネックレスでかぶれたり、腕時計で手首が赤くなるような金属アレルギーは直接金属と接触している部分で起りますが、歯科の場合必ずしも口の中に症状が出るとは限りません。手や足又は全身に湿疹などのかたちであらわれる場合も多くあります。

 これは口の中の金属は唾液で金属イオンが溶け出し全身にまわるためで、どこにアレルギー反応が出るかわかりません。
 
 
 ○発生のメカニズム
 
 金属はいろいろな作用でイオン分解します。その金属イオンはタンパク質と結合し、生体が記憶します。そしてつぎに金属イオンが訪れたき異物排除の作用を起こします。これが金属アレルギーとしてあらわれます。


 ○対策
 
 金属アレルギーとわかった場合次の対策が必要になります。

 1)アレルギーの原因となっている金属の供給源を特定すること

 2)供給源を除去すること

 3)その金属を含むものを避けること


 ○検査と予防
 
 金属アレルギーも他のアレルギーと同様にパッチテストを行い原因金属を特定します。
 
 歯科の場合、金属の使用は主に詰め物や冠になります。原因金属が特定された場合、これを含まな
い材料を使用し発病を予防します。
 
 新たに治療を受けるとき、金属アレルギーがわかっている場合は申し出て下さい。
 
 また、金属を使用して治療した場合、歯のまわりに炎症が生じていると金属が溶出しやすくなり、歯肉組織内へ取り込まれやすくなりますので、日常ケアにも気を付けましょう。
 
 尚、今までアレルギーのなかった人も突然アレルギー体質になることもありますので、気になる症状がある場合は十分に注意して下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 歯科医師)
医療法人社団 MEDIQOL 理事長 歯科医師

インプラント治療と予防歯科に特化。医療を通じ貴方の一生を支援

人々の豊かな生活を医療の視点から支援したいという理念を掲げ、都内7箇所に歯科医院を展開。インプラント治療と予防歯科に特化し、科学的根拠に基づいた歯科技術の提供はもちろん、「歯をキレイに、機能的にしたい」という方々の期待に最大限お応えします。

03-5228-3788
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「歯科の蘊蓄」のコラム

〜歯を白くしたい!〜(2009/02/16 14:02)