『グローバル社会に生きる子どものための―6歳までに身に付けさせたい―しつけと習慣』 - 幼児教育 - 専門家プロファイル

平川 裕貴
株式会社リリパット 代表取締役社長
兵庫県
マナー講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:子供の教育・受験

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

『グローバル社会に生きる子どものための―6歳までに身に付けさせたい―しつけと習慣』

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供の教育・受験
  3. 幼児教育

『グローバル社会に生きる子どものための―6歳までに身に付けさせたい―しつけと習慣』

 

この本は子育ての本ですが・・・

まずは欧米文化を知ることから始めています。

日本と欧米の文化の違いを知れば、日本式の教育やしつけのプラスの部分と、マイナスの部分が見えてくるはず。

 

日本式の教育やしつけのプラスの部分は活かしましょう!

そして、マイナスの部分は、大胆に改革しましょう!

 

日本でも欧米でも子育ての基本は同じです。

子どもが元気にすくすくと育ってくれることを願います。

 

日本でも欧米でも子を思う親の気持ちは同じです。

子どもを強く優しく、思いやりのある子に育てたいと望みます。

 

日本でも欧米でも教育やしつけの目的は同じはずです。

子どもが社会に温かく受け入れられ、自分の人生を心豊かに生きることを祈るはずです。

 

 

何のために教育やしつけをするのかを考えると、子ども達が巣立つ未来の社会を見据えないわけにはいきません。

子ども達にとって本当に必要な知恵や知識は、今他の子に勝つためや入試のためのものではなく、社会の荒海にこぎ出した時に役に立つものです。

そのためには遠く長い目で、そしてますますグローバル化する社会、広い視野で教育を考えなければなりません。

 

親や教師の役目は、子どもにとって本当に大切な、そういう知恵や知識を授けることだと思います。

そのために、この本がお役に立つことを心から願っています。

 

 

ご購入はこちら

http://www.amazon.co.jp/gp/product/490719711X/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=490719711X&linkCode=as2&tag=sccrglx-22

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

[英語で社会科 - 地図が描けるかな?] - 発達心理学からの英語指導 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/29 17:30)

「日本の子供を褒める」ことの落とし穴 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/09 17:46)

2歳の娘がお友達に手を出してしまうことで​悩んでいます。 広瀬つみき - 2歳3歳専門の子育てアドバイザー(2015/10/10 14:56)

3人姉妹の子育て。上の子が下の子を叩きます。 広瀬つみき - 2歳3歳専門の子育てアドバイザー(2015/09/30 17:14)