雨漏り防止のマンションクラック対策 - コラム - 専門家プロファイル

株式会社塗装職人 代表
神奈川県
塗装・防水
0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雨漏り防止のマンションクラック対策

- good

塗装や防水をする際に、一番きっかけになることが多い(クラック)ひび割れ。

住宅のひび割れは、シーリング材などを使用して案外簡単に補修することができます。

というよりも、マンションなどに比べて壁のモルタルが薄いので、シーリング程度しか最適な補修方法しかないというのが正解かもしれません。

たまにUカット工法と言って、ディスクサンダーなどで溝を作ってから補修するという場合もありますが、予算も掛かり処理の仕方によっては、時間が経過してから補修跡が目立ったりするなど、賢い方法とは言えません。

ただ鉄筋コンクリートのマンションの場合は、有効なクラック対策の一つと言えます。

要はひび割れの奥深くまでにシーリング材などの補修材が注入できないために溝を広げて作業性をよくして、完全にひび割れをうめるという方法です。

ダイヤモンドカッターなどの刃を使い、ディスクサンダーで溝を作って、専用プライマーを塗布、2液の可とう性エポキシ樹脂で埋め、ポリマーセメントなどで仕上げるため、結構手間のかかる作業です。

幅の狭いクラック対策には、低圧注入という工法もあります。

注射器のようなポンプに低粘度のよく混ぜ合わせた2液のエポキシ樹脂を入れ、主にゴムの反動の力によって、徐々にエポキシ樹脂をクラック奥深くまで注入してあげるという工法です。

ほかには手動式エポキシ樹脂注入施工というものもあります。

これはクラックの周りにモルタルの浮きがある場合にも有効です。

住宅の場合にはエポキシ樹脂というものは、ほとんど使用することがありませんが、マンションなどの場合は、モルタルの浮きや欠損、クラックなど何かとよく使用される材料です。

これは横浜市内の当社のマンション修繕の一部ですが、タイルなどの脱落防止にもよく使われます。

 

次回はこのエポキシ樹脂や、引き続きクラックとモルタルやタイルの浮き補修対策を取り上げたいと思います。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 塗装・防水)
株式会社塗装職人 代表

一級塗装技能士を超えた「塗装指導員」7名

国家資格、一級塗装技能士の上級資格である「塗装科・職業訓練指導員」が必ず施工担当させていただく横浜にある塗装会社です。家の外壁塗装を検討されている方に、一級の技術、知識をご活用して頂いています。

0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

雨漏り防止のマンションクラック対策 神奈川・東京塗装職人 - 塗装・防水(2014/02/16 19:04)

ハマふれんど主催のセミナーで講師を務めます。 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/19 11:08)

第914号:決算月に思う事 小笠原 宏之 - ITコンサルタント(2013/10/02 07:12)

「 SEO対策したって、売れないものは売れないよ! 」 辻 朋子 - 女性起業家コンサルタント(2013/09/22 19:26)

アトピーの原因と対処法 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/09/12 10:37)