銀行と信用金庫の違い  - 保険選び - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

銀行と信用金庫の違い 

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
その他
銀行と信用金庫の違い 

銀行も信用金庫も主な業務は
・預金
・融資
・為替(内国・外国)
の3つです。ではどこが異なるのでしょうか?
銀行は株式会社なので、株主の利益が優先されます。お金がある企業に行って「お金借りてください」と話し、経営が苦しくなると「すぐに貸したお金返してください」って言い出しますね。
信用金庫は、地域住民・企業が利用者・会員となって相互扶助を目的とした共同組織の金融機関です。会員や地域社会の利益が最優先の非営利組織なのです。
これから独立を考えている人は地元の信用金庫との良好な関係は必須です。今のうちに毎月定期預金をしたり、公共料金の振り替え口座に設定したり、給与振込み口座を持つなど、関係を作っておくことが大切ですね。
メガバンクでは面倒臭がるような300万円程度の融資の相談でも信用金庫なら喜んで相談になってくれます。

その他保険に関する情報はこちらをご参照ください
↓ ↓ ↓↓ ↓ ↓
保険業界で頑張る社長のblog