無担保でいくらまで借りられるか? - 確定申告 - 専門家プロファイル

東京都
税理士
03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

無担保でいくらまで借りられるか?

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
医院開業
 医院の開業資金は、標榜する診療科目や、戸建てビル診療所の別、導入する医療機器等によっても異なります。ビル診療所の内科で、医療機器が2000万円くらいなら、開業総額資金は7000万円くらいになります。今現在は、民間金融機関が、医師開業ローンということで、無担保無保証ローンとして5000万円まで融資をしています。このローンプラス2000万円のリースであれば、リースの方だけ保証人がいれば、総額7000万円は、楽に出ます。これにさらに国民生活公庫の新規開業資金が2000万円、他に信用保証協会が保証する制度融資を加えると、借入金だけで9000万円まで、無担保で借り入れられます。さらにリース会社の融資制度を加えればプラス5000万円すなわち、トータル1億4000万円くらいまで、理論上は融資を受けられる可能性があります。しかし、金融機関もリース会社もさすがに借り入額が1億円を超えると、事業計画の実現性に相当の裏付けがないと融資決定をしません。
1億円以上の融資を無担保で受けようとする場合には、
自分が行おうとする医療の目的をはっきりし、それに対して具体的にどんなやり方をしてそれを実現し収入を上げるのかを示さなければなりません。
その事業が成功するかどうか、最後に判断するのは、先生と面接した上での金融機関の人の印象ということになると思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)

病医院経営に必要なものは何か─医療専門の税理士にお尋ね下さい

私は医師や歯科医師の先生方が免許は1つでもそれぞれ専門をもっていらっしゃるのと同じ様に、税理士事務所の中でも医師、歯科医師、公益法人に特化した仕事をしています。先生方が必要としている事により応えられる事務所になるべく進化し続けてまいります。

03-3639-1881
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「医院開業」のコラム