「高額療養費」って何? - 保険選び - 専門家プロファイル

M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
鹿児島県
ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「高額療養費」って何?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
入院や手術をした時の為に、医療保険に加入するのですが、その時に1日いくら必要なのかということを考えますよね。

民間の医療保険のパンフレットには、入院した時の医療費負担の高さが強調されています。
しかし、高額療養費制度というものがあり、入院や長期療養などで、医療費の自己負担額が、1ヶ月に一定額を超えると、超過分が変換される制度があるのです。
実際この制度をご存じない方も少なくありません。

限度額は年齢や収入によって変わります。
ただし、入院中の食費や、差額ベット代や、先進医療などの保険外併用療養費の差額部分は支給対象になりません。

自己負担限度額

1.上位所得者(標準報酬月額が53万円以上の被保険者及びその被扶養者)
⇒150.000円+(医療費−500.000円)×1%

2.一般   ⇒80.100円+(医療費−267.000円)×1%

3.低所得者(生活保護の被保護者や市町村民税非課税世帯などの方) ⇒35.400円


(自己負担額の計算例)所得区分一般で、医療費が100万円かかった場合
    80.100円+(100万−267.000円)×1%=87.430円⇒自己負担額

このような制度を考慮に入れて入院時に必要な収支をだしてから、保険を検討しましょう。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。