海外ファンドのリスクと収益率の考え方です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

海外ファンドのリスクと収益率の考え方です

2008/07/06 20:59

NYNY 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご実家から5,000万円借りる場合は、借用書と利子の支払が必要になります。そして10年間寝てしまいますから、贈与と看做されないためにも、きちんとした利子の支払が必要になると考えます。この点は、法律の専門家からの回答を待つか回答が無ければお問い合せ下さい。

なお、借入金で運用益が出てもその利益は贈与税の対象にはなりません。

海外ファンドとのこと、対象とされているファンドのリスクがわかりません。
海外ファンドという場合、一番のリスクは信用リスクです、価格変動リスクが次に来ます。流動性リスクも確認が必要と思われます。それらをクリアーしてから為替変動リスクをお考えになる様お勧めします。

もし10年間で1,000万円の運用益が目的であれば、年間2%の運用利率で間に合います。これに利子率を加えたものが目標とする利回りです。この程度であれば通常の分散投資をお勧めします。
日本債券、日本株式、外国株式、外国債券に均等に資産配分した場合の期待リターンは4.3%でリスクは8.7%です。1年間の運用成果が68%の確率で、-4.4%〜+13.0%の間に入ります。最悪ケースでは-13.1%の損失が出ます。

対象とされるファンドのリスクとリターンを販売先にお尋ね下さい。もし、単一の資産に投資される場合には、リスクは高くなります。先進国の株式に投資する場合で最悪ケースでは1年間で-32.0%の損失、債券でも-22.5%の損失が発生することがあります。

なお、借入金での運用はお勧めしません。上記のように投資・運用は常に儲かるものではありません。ご実家とはいえ損失が出ているときに資金を引き上げる必要があれば、損失のまま手仕舞いになります。

もし、10年で1,000万円の資産形成が目標でしたら、上記4.3%のリターンを期待して毎月66,800円の積立をお勧めします。(毎月4.3%の運用利率で10年運用できた場合の毎月の積立額です)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

実家から借りた資金で運用益

人生・ライフスタイル 遺産相続 2008/07/06 19:13

海外ファンドへの投資は為替リスクを無視すれば、
かなり高利回りが期待できるというので、
実家から、5000万円を借りて運用したいと考えています。
この資金を10年後に一括返済すると約束していた場… [続きを読む]

NYNYさん (大阪府/40歳/女性)

このQ&Aの回答

実家から借りた資金で運用益 中村 亨(公認会計士) 2008/07/07 13:25

このQ&Aに類似したQ&A

住宅資金特別控除を使わない借入の手続き法 ほほこさん  2008-03-25 10:26 回答1件
夫婦間の口座移動に贈与税がかかるの? smile31さん  2015-03-29 02:44 回答1件
贈与税について たぬききつねさん  2014-05-27 14:42 回答1件
贈与税について ブラックマンさん  2012-12-18 18:36 回答1件