受けることができる可能性はあります - 松本 佳之 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
松本 佳之 専門家

松本 佳之
税理士・公認会計士・行政書士

- good

受けることができる可能性はあります

2008/01/09 17:58
(
5.0
)

はじめまして。北浜総合会計事務所の松本です。
回答が遅くなりまして申し訳ありません。

ご質問の件ですが、ご存知のとおり、不動産所得については事業的規模で行われている場合に65万円の青色申告特別控除を受けることができます。

この事業的規模で行われているかどうかの判定は、所得税基本通達で取扱いが示されています。

>所得税基本通達26-9

建物の貸付けが不動産所得を生ずべき事業として行われているかどうかは、社会通念上事業と称するに至る程度の規模で建物の貸付けを行っているかどうかにより判定すべきであるが、次に掲げる事実のいずれかに一に該当する場合又は賃貸料の収入の状況、貸付資産の管理の状況等からみてこれらの場合に準ずる事情があると認められる場合には、特に反証がない限り、事業として行われているものとする。

(1)貸間、アパート等については、貸与することができる独立した室数がおおむね10以上あること
(2)独立家屋の貸付けについては、おおむね5棟以上であること
<

上記の通達に示されているとおり、10戸未満の場合に必ずしも事業的規模で行われていると判断されない訳ではなく、たとえ9戸であっても賃貸料の収入の状況や賃貸資産の管理の状況などの面で何らかの事情を有する場合には、事業的規模で行われていると判定される可能性があります。

ここからは私見です。
通達で10戸と明示されている以上、一般的なアパートで9室ということであれば、事業的規模ではないと判断される可能性が高いと思います。
しかし、
・一室当たりの貸室の平均賃料が高い。
・駐車場が付随している。
・雇用した管理人を置くなど、維持管理に相当の役務を提供している。
などといったような事情があるのであれば、事業的規模で行われていると判断できる可能性もありますので、税務署に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

評価・お礼

ps308012 さん

(1)の『おおむね』がポイントなんですね。 仮に(1)や(2)に当てはまらなくとも、収入状況や管理状況で事業として認められることもあるのですね。分かりやすい回答でした。有難うございました。

松本 佳之

2015/12/17 22:09

評価ありがとうございました。

日々、会計税金の最新ニュースを提供しておりますので、よろしければ参考にしてください。
みんなの会計税金ニュース
http://blog.livedoor.jp/kitahamakaikei/

回答専門家

松本 佳之
松本 佳之
( 大阪府 / 税理士 )
税理士法人AIO 代表社員
06-6208-6230
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

若いパワーと「継続する情熱」でお悩みを迅速に解決します。

難しい会計や税金の言葉をお客様にわかりやすく伝え、納得してもらう。そして、経営に活かしてもらうことによりお客様の成長をサポートすることを目指しています!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

青色申告の特別控除について

マネー 税金 2007/12/01 01:43

一棟アパート(部屋数9戸)を購入予定です。青色申告をして特別控除65万円を受けるには、事業規模が大きくなければならないとのことですが、一棟アパート10戸以上と明確に限定されているものなのでしょうか?部屋数が9戸では受けられませんか?

ps308012さん (福岡県/30歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

アパート購入時の自己資金による税金について 化粧柳さん  2008-01-27 17:44 回答2件
不動産所得のみの配偶者特別控除について とと76さん  2008-11-11 17:48 回答2件
事業所 兼自宅の住宅ローン控除について nara23さん  2008-04-29 11:40 回答1件
節税、確定申告方法について saranさん  2008-04-20 17:45 回答1件
白色から青色申告へ レオパパさん  2008-03-09 16:59 回答1件