家なき子が相続した場合の小規模宅地の特例 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
和田 安弘

和田 安弘
税理士

- good

家なき子が相続した場合の小規模宅地の特例

2014/08/16 08:29
(
4.0
)

質問の条件で、お母様の(義母)居住用住宅を相続され相続開始後申告期限まで所有しており同居している他の相続人がいなければ、小規模宅地の特例は適用されます。この場合相続される家に居住されていなくてもかまいません。平成26年1月1日以後に、もし、お母様が老人ホームに入居され、被相続人の居住の用に供されなくなった家屋の敷地に供されていた宅地等は、次の要件が満たされた場合に限り被相続人の居住の用に供されていたものとして小規模宅地の特例の適用対象となっています。
(1) 被相続人に介護が必要なため入所したものであること。
(2) その家屋が貸付け等の用途に供されていないこと。(被相続人がいつでも生活できるように維持 管理が行われていること)
(3) 老人ホームへ入所するため被相続人又は親族によって所有権が取得され、あるいは終身利用 権が取得されたものでないこと。
また要介護の認定は相続開始時の直前に認定を受けていたかどうかにより判定されます。
相続の開始時に質問1のように「家なき子」の要件が充足されていれば特例の適用対象となります。

 平成27年1月1日からの相続税改正はバブル経済期に高騰した土地の価額に対応して行われた遺産に係る基礎控除額の引き上げをバブル経済崩壊後の適正水準に引き戻す等の趣旨で見直されて基礎控除額の改正が行われました。
 「家なき子」の特例は以前からあり、他に同居している相続人がなく、「家なき子」があり、その「家なき子」が財産を取得するするのであれば、特例の適用を認めているもので、相続財産を承継していくということからも、イレギュラーであるとはいえないと思います。
 今回は、法律成立の当初に比較して実態が大きく変わったために改正が行われたものであり、その法律が実態と大きく変わっていなければ、ころころと変わることはないと思います。

小規模宅地
老人ホーム
同居
土地

評価・お礼

さくら236 さん

2014/08/20 22:51

詳しくご回答ありがとうございます。
専門家のご意見が伺えて良かったです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

小規模宅地の特例『家なき子』について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2014/08/15 17:08

タイトルの件について、2つ伺いたいことがあります。
私は、主人と子供と義母の四人で、義母名義の戸建に同居しています。

家が手狭なため私たち夫婦と子供で賃貸で別の住まいを考えています… [続きを読む]

さくら236さん (東京都/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

私自身が亡くなった際の相続について pokeさん  2015-09-02 21:38 回答3件
祖母の家の解体金の支払いについてご相談です pokeさん  2015-09-02 19:07 回答1件
相続登記と相続税について spec-holderさん  2016-07-08 18:49 回答1件
祖父の不動産を孫に相続したい チャチャ丸さん  2016-07-07 12:57 回答1件
意思表示ができない母の相続について まさこ38さん  2014-12-24 16:00 回答1件