大泉 稔(研究員)- Q&A回答「義務を果たせば権利を主張することができます」 - 専門家プロファイル

大泉 稔
突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

大泉 稔

オオイズミ ミノル
( 東京都 / 研究員 )
「保険と金融」の相続総合研究所 
Q&A回答への評価:
4.6/44件
サービス:2件
Q&A:79件
コラム:1,147件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

年金は支給されるのでしょうか?

マネー 年金・社会保険 2016/03/03 16:08

20歳になり、年金を毎月支払う義務がありますが、今払っても自分が支給年齢になったときにきちんと年金がもらえるか心配です。義務に従い支払うべきなのか、自分で老後の貯金をしておいたほうがよいのかお伺いしたいです。
※この質問は、事前にユーザーからいただいた質問を専門家プロファイル編集部が編集した質問です

専門家プロファイル編集部さん

大泉 稔 専門家

大泉 稔
ファイナンシャルプランナー

- good

義務を果たせば権利を主張することができます

2016/03/28 22:12

お世話になっております。相続総合研究所の大泉稔です。
回答が遅くなって申し訳ございません。

43歳の私が、現在、20歳の方に向かって
「大丈夫です、年金は間違いなく、受け取ることができます」と申し上げたところで、
信じることはできませんよね。

実際のところ、年金財政は改善しつつあります。
が…。
将来、受け取ることができたとしても、
「払い込んだ保険料に対して、見合った年金が受け取れるのか(いわゆる、費用対効果)」
「将来の物価水準に対応するのか(要するに、インフレに追いつくか)」
などの課題は、今もあります。

と、ここまで能書きを述べて参りました。

結論を申し上げます。
国民年金保険料は払っておきましょう。
義務を果たした人にこそ、将来、権利を主張し、意見を述べることができるからです。

もし、今、所得が安定しないなどの事情があるのなら、
「免除」や「納付猶予」、「学生納付特例」などの手続きをとっておきましょう。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム