沼田 順(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「転売されると、アフターサービスの無償提供は厳しいと考えられます」 - 専門家プロファイル

沼田 順
住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

沼田 順

ヌマタ ジュン
( 兵庫県 / ファイナンシャルプランナー )
Office JUN 代表
Q&A回答への評価:
4.6/88件
サービス:5件
Q&A:116件
コラム:395件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
「住宅ローン、不動産アドバイス」 (※外部サイトへのリンクです)
公式ブログ

新築住宅を未入居で転売した時のアフターサービスについて

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2010/06/07 15:36

工事中の新築住宅(木造3階建)を契約したのですが、事情があって転売する事になりました。完成前に転売先も決まったので、完成時に一旦書面上での引渡しを受け、即日転得者様へ引き渡しましたが、工務店から第三者に譲渡したので1年・2年のアフターサービスの対応が出来ません(有償になる)と言われ困っております。
工務店からの引渡しから日数が経っているのならまだしも、引渡即、尚且つ未入居で転売しているのに対応できないということに納得できません。こちら側として取れる対抗手段は無いでしょうか?宜しくアドバイスお願い致します。

補足

2010/06/07 15:36

確かにアフターサービス基準には免責事項として、第三者に譲渡した時と書いてありました・・・。

のりあきさん ( 兵庫県 / 男性 / 46歳 )

沼田 順 専門家

沼田 順
ファイナンシャルプランナー

7 good

転売されると、アフターサービスの無償提供は厳しいと考えられます

2010/06/07 16:08

初めまして。公庫出身のCFP、沼田と申します。

基本的にアフターサービスの無償提供は、付加価値を付けるための
サービスであることが多いです。

事例は違いますが、大手不動産会社のマンションでも
アフターサービスの提供は、その不動産会社から直接取得した人しか
対象になりませんという事例がありました。

ご質問から、転得者様の保存登記になっており、登記上も自分が登場して
いないため、ご質問者様も疑問に感じていらっしゃるのではと思いますが
結局は、この物件は中間省略登記という形になっているため、
対抗するのはなかなか難しいと思います。

アフターサービスの値段を引き下げる交渉をしてみてはいかがでしょうか
(工務店もリスクを負わなくて済んだという事情も読み取れます)

以上、ご参考になれば幸いです。

沼田 順

私のブログでも住宅関係の役に立つ知識を提供しております。
よろしければご訪問下さい。(日本ブログ村1位です)
住宅ローン、不動産アドバイスブログ
http://cfpnumata.blog130.fc2.com/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム