沼田 順(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「できるだけ早めに債務引受を申請して下さい」 - 専門家プロファイル

沼田 順
住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

沼田 順

ヌマタ ジュン
( 兵庫県 / ファイナンシャルプランナー )
Office JUN 代表
Q&A回答への評価:
4.6/88件
サービス:5件
Q&A:116件
コラム:395件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
「住宅ローン、不動産アドバイス」 (※外部サイトへのリンクです)
公式ブログ

離婚後の住宅ローン整理について

2010/06/06 17:58

離婚して1年半程経過しております。
離婚時に共有名義の持ち家があり、住宅ローンは現在も全額元夫が支払いつづけています。(ローン持ち分は「元夫7:当方3」です)
持ち家には元夫とその家族が居住しています。

離婚時に以下の取り決めをしております。
1.住宅ローンは元夫が払い続ける
2.当方持ち分のローンが完済した時点で、土地建物名義を元夫に移譲する。
3.当方からローン借り換えの申し出が出来る。

銀行には離婚の事実を伝えず、私名義のまま元夫がローンを支払っているので、
問題があるのではないかと心配です。

元夫に何度かローンの一本化をお願いしているのですが、借り換えが出来ない
との事で受け入れてもらえません。

この件について、以下を質問させていただきたいと思います。

1.銀行に離婚した事実を伝えない事は問題にならないでしょうか?

2.離婚後財産分与は2年以内に完了する必要があると聞きましたが、
  このまま上記のような状態を続けると贈与税が発生しないでしょうか?

3.私名義のローンを元夫名義に変更したいのですが、どのような方策が
  考えられますでしょうか?

4.もし上記問題を第3者に相談するとすれば、弁護士、司法書士、
  どちらに依頼すべき事柄でしょうか?

以上について、よろしくご教授ください。

補足

2010/06/06 17:58

重要事項を書き漏らしておりましたので重ねて質問させていただきます。
よろしければご回答をお願い申し上げます。

ローン契約が、お互いの連帯保証人となっております。
ローン名義を一本化する、且つ連帯保証人からも抜けたいと思っております。
この点について銀行に交渉可能でしょうか?

状況としては、平成18年11月からローン返済を開始しており、これまで一度も返済が
遅れた事はありません。

土地 7:3
建物 7:3
で合計4本のローンを組んでおり、そのうち1本(当方名義)は繰り上げ返済により、
平成20年頃に完済しております。

相手方は銀行に伝えると、一括で返済する事を求められるのではないかと
危惧しており、名義変更の手続きに踏み切れないようです。

以上、よろしくお願いいたします。

gerugeru12さん ( 大阪府 / 女性 / 32歳 )

沼田 順 専門家

沼田 順
ファイナンシャルプランナー

26 good

できるだけ早めに債務引受を申請して下さい

2010/06/06 20:55
( 4 .0)

初めまして。公庫出身のCFP、沼田と申します。

公庫勤務時代に離婚等で債務引受(旦那様と奥様の連帯債務から旦那様のみの
単独債務に変更すること)等を担当したことがありますので、
あくまで銀行側の観点からご回答いたします。

まずご質問を拝見する限り、ご質問者様は持分をもたれていて
連帯債務者にも入っていると読み取れますので、
その前提でご回答いたします。

1質問者様も連帯債務者の場合は、上記の債務引受が必要になりますので
 早急に連絡して下さい

2名義を全て元旦那様名義に戻した段階で贈与の疑いは晴れますが、今の状態では
 グレーゾーンということになります

3普通は上記の債務引受の申請を銀行側に申出て債務を一本化します。
 ただし、元旦那様だけでは返済負担率をオーバーしてしまう場合等は
 同居のご家族と収入合算するなど、それなりの対応を求められます。
 そして、登記を単独名義にします。

4離婚問題専門の弁護士はたいてい、登記に関しては司法書士と提携していますので
 まずは離婚問題に詳しい弁護士にご相談されると良いと思います。

 順番的にはまず弁護士にご相談されてから、行動された方が無難です。

 蛇足ですが、残りの返済期間が短い場合はそのまま返済されて完済してしまう
 お客様も中にはいらっしゃいます。但し、延滞した場合はこの対応はかなりの
 ペナルティを受けることになります。

以上はあくまで一般論ですが、
参考にしていただけますと幸いです。

沼田 順

評価・お礼

gerugeru12 さん

ご回答ありがあとうございました。

アドバイスいただいた内容に従い、弁護士費用を調べてみましたが、
着手金だけで30万~という事で、弁護士さんに相談するのは今のところ見送ろうと思います。

現状ではグレーな点が多いため、なるべく早く解決しようと思います。

沼田 順

高評価、ありがとうございました。

当初からペアローンとわかっていれば
もう少し適切なアドバイスが出来たかも知れません。

ペアローンを組んで、その後に離婚が生じることは
銀行側もある程度承知していますので、
離婚を告知しても一括返済を求められることは
ありません。

そしてこのような場合に債務を一本化しようというのは
誰でも考えることだと思います。

離婚したけれども、対処方法はないかを
素直に銀行に相談されるのが結局は一番早道なような気がします。

沼田 順

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム