間山 進也(弁理士)- Q&A回答「社内研修で講習テキストをPDF化して使用することついて」 - 専門家プロファイル

間山 進也
知的財産権をより身近にするサービス

間山 進也

マヤマ シンヤ
( 弁理士 )
特許業務法人エム・アイ・ピー 代表弁理士
Q&A回答への評価:
4.7/25件
サービス:0件
Q&A:48件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

社内研修で講習テキストをPDF化する場合

法人・ビジネス 特許・商標・著作権 2017/08/31 12:22

初めまして、著作権について質問します。

社内研修で講習テキストの本を使用して実施しようと考えています。

講習を受ける人は全て、講習テキストを購入し持っています。ここで、講習テキストの一部(10%ぐらい)の図や表などをPDF化して、プロジェクタに写して講義をしようと考えています。この場合、著作権で違法にはならないと思いますがどうでしょうか?
また、会社の研修ではなく、学校教育や営利目的である講習機関が実施する場合はどうでしょうか?

sam1616さん ( 神奈川県 / 男性 / 60歳 )

社内研修で講習テキストをPDF化して使用することついて

2017/09/02 12:38
( 5 .0)

ご質問に対してお答えします。
(1)著作権法第32条第1項には、「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」と規定されています。講習テキストの10%程度をPDFとして複製して、使用する場合、「引用して利用する」ことに該当すると考えられます。この際、PDF化した頁には、「講習テキストの何ページを引用した」ことを明記しておけばよいのではないでしょうか。
(2)また、著作権法の第32条第2項には、「国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が一般に周知させることを目的として作成し、その著作の名義の下に公表する広報資料、調査統計資料、報告書その他これらに類する著作物は、説明の材料として新聞紙、雑誌その他の刊行物に転載することができる。ただし、これを禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。」と規定されておりますので、学校教育を行うのが国、地方公共団体の機関などである場合には、講習テキストの転載は、問題ないと考えられます。ただし、私立学校や私的機関がそのまま転載することは、著作権法に抵触する可能性がありますので注意する必要があります。ただし、この場合でも、講習テキストのあくまで一部を、「講習のために必要最小限の範囲で」、かつ「引用した現著作物を明記して」PDFとし、プロジェクタに投影しながら講義することは、公正な慣行に合致するものではないかと考えられます。

評価・お礼

sam1616 さん

2017/09/03 07:28

大変詳しく、ご回答をありがとうございました。
よく理解することができました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム