木村 和夫(鍼灸師)- Q&A回答「体操教室のインストラクターさんの言うとおりです」 - 専門家プロファイル

木村 和夫
お手伝いできることはありますか?

木村 和夫

キムラ カズオ
( 東京都 / 鍼灸師 )
有限会社 木村爽健 代表
Q&A回答への評価:
4.2/11件
サービス:0件
Q&A:21件
コラム:615件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

ストレッチやラジオ体操をすると肩や首などが特にこる

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2010/12/09 21:48

ストレッチやラジオ体操をしている途中や後などに肩や首だけがコリがひどくなるような感覚になることがあります。他にも耳鳴りが気になってしまうことがあります。
ストレッチをしている時に耳鳴りのせいで呼吸がしづらいことがあります。
耳鳴りに属するようなものが鼻とかに伝わるような感覚があってかなり辛いことがあります。

例えば朝、背伸びのストレッチをするだけで肩や首がこったりすることがあるんです。
ほかにも、昼間でも夜寝る前にもストレッチ(軽いのでも)するだけで肩や首がこったりすることがあります。

これは肩や首コリがパソコン・ゲーム(特にWiiとかのテレビゲーム)などによるひどくなった肩こりの状態で無理に伸ばすから首や肩に負担がかかっているんでしょうか?

どのようにストレッチやラジオ体操をすればコリが軽くなるんでしょうか?

体操教室のインストラクターさんによると、「無理に伸ばしすぎるとダメ」「リラックスさせ、頑張りすぎないように」「顔の筋肉をゆるめる」などおっしゃっていました。

補足

2010/12/09 21:48

12/14追記

ストレッチで、伸ばしすぎないようにすることと、リラックスさせ力を抜いてやろうとしても、どうしても肩と首がこったり耳鳴りが気になって我慢できなくなることもあったりしてイライラしたりしました。

どうしたらストレッチをして楽になるのか、具体的に教えてください

ヤンタローさん ( 愛知県 / 男性 / 23歳 )

体操教室のインストラクターさんの言うとおりです

2010/12/10 17:52
( 4 .0)

 書き込みされている内容を拝見すると、最後に書かれている
体操教室のインストラクターさんのコメントが的を得た答えだと思います。

もし、体操教室のインストラクターさんの言うとおりにやって、
うまくいかないのであれば、単なる肩こりなどではないと思います。

例えば下記のような点がないかチェックされることをお勧めします。
・持病はお持ちですか?
・健康診断で、いつも引っかかる項目などはありませんか?
・いつも耳鳴りがしているのでしょうか?
上記に当てはまるのであれば、なんらかの病気を
疑ったほうが良いかも知れません。

評価・お礼

ヤンタロー さん

2010/12/10 19:41

こんばんわ。回答ありがとうございます。
体操教室だと言う通りだと思うのはなぜですか?その根拠を教えてください。

持病は精神疾患という病気くらいしか持ってません。
耳鳴りはほぼ一日中しています。
例えばストレッチをやっている時、耳鳴りが気になってガマンできなくなることがあります。

木村 和夫

2010/12/13 14:56

ご質問にお答えしますね。

体操教室だと言う通りだと思うのはなぜですか?その根拠を教えてください。

 体操教室のインストラクターさんがおっしゃっていることは
筋肉をほぐす上で、一番的を得たお話だからです。

ストレッチは、体をほぐすために行います。
ほぐすというのは、体がゆるむ、気持ちよくなるということです。
しかし、そこで無理をしてストレッチを行えば、
「つらい、痛い」
という感覚が出てきます。

そういった感覚は、体に緊張を発生させ、筋肉を固くしてしまいます。
ですから、無理なストレッチは体の筋肉を固くしてしまう可能性があります。

精神疾患をお持ちなのですね。
心の問題と捉えておられるようですが、体の血液、リンパ、ホルモンなどの
物質代謝などのバランスが崩れた結果、精神疾患が起こる可能性は十分にあります。

例えば、猫背だったり、右肩が下がっていたり、背骨がまがっている
そういった体のバランスの崩れが大きくなれば、血液やリンパ、ホルモンなども
うまく均等な流れを保つことができません。

そうなってくると、中枢神経である脳などにも良い影響が出ませんので
精神疾患になる可能性があります。

ヤンタローさんの場合は、ストレッチで耳鳴りが気になって我慢できなくなると
いう一定のパターンが出ていますから、精神疾患との関連がとても
強いのだと考えられます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム