木村 和夫(鍼灸師)- コラム「病気にならない方法を公開します」 - 専門家プロファイル

木村 和夫
お手伝いできることはありますか?

木村 和夫

キムラ カズオ
( 東京都 / 鍼灸師 )
有限会社 木村爽健 代表
Q&A回答への評価:
4.2/11件
サービス:0件
Q&A:21件
コラム:615件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

病気にならない方法を公開します

- good

2019-05-06 00:07

  病気の兆候は、肩こりや冷え性など、様々な形で表れています。
病院では検査結果の数値に異常が出ない限り、
様子を見ましょう。
と言われます。

 

実は、
様子を見てはいけません。
病気へまっしぐらです。

 

本来であれば、病気になりかけた体を改善する努力を一番しないといけない期間です。

 

ところが、多くの方は病気になるまでの本当の流れを知りませんので、そのまま放置して病気になってしまいます
また、健康診断で異常がなければ健康だと勘違いをしています。

 

お医者さんは病気になってからの対処方法は知っていますが、そもそも病気にならない方法や病気になりかけた時に改善する方法を知りません。
西洋医学の治療は、病気を治すのではなくその場の痛みやつらさを軽減することがほとんどです。

 

例えると
毎月の支払い(病気による痛みやつらさ)がつらくて、闇金(薬)でお金を借りるようなものです。
その場しのぎにはなりますが、数か月後には破産してしまいます。

 

「〇〇大学流疲れない体のつくり方」や「病気にならない生き方」といった医師監修の本がありますが、
そんな方法で疲れが取れて病気にならないなら、苦労しません。

 

私は、セミナーでこういった内容をお伝えしています。
・病気になるまでにどんなステップがあるのか?
・体の痛みやつらさは、どういうサインなのか?
・肩こりで、肩に湿布やクリームをぬっても一生治らない理由
・アトピー性皮膚炎の人が、アレルギー性鼻炎やぜんそく、花粉症を併発する理由とは?
・なぜ手足のケアをすると、肩こりや腰痛が改善するのか?
・10年、29年前からガンになることが確定している人の特徴とは?
など

 

 

私は、周りの人の体調がおかしくなっていくことを感じることができます
あまりにも体調が悪いと感じた知り合いには、体が悪くなっているよと伝えます。

 

ところが、穂とのどの人が私の話を真剣に聞いてくれません。
実際、しばらくするとその人は病気になります。

 

指摘しても本気で聞いてもらえないという、悔しい思いをしたことは何度もあります。
「どうして私の思いが伝わらないのか?」
と考えたら、そもそもみんな病気に突然なると勘違いしているということがわかりました。

 

病気には突然なりません。長い準備期間があります。
学校の成績もいきなり上がりませんよね?それと同じです。

 

こういった基本的な内容は、みなさんにまず知ってもらう必要がある。
そう考えて、セルフヒーリング前編の内容を公開することにしました。

 

 

動画を視聴するには、下記をクリックしてメールを登録してください。

https://sail-ex.jp/fx2502/W8dP6e

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム