荒川 雄一(投資アドバイザー)- Q&A回答「相対での対応はやめ、公的機関に相談しましょう!」 - 専門家プロファイル

荒川 雄一
世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

荒川 雄一

アラカワ ユウイチ
( 東京都 / 投資アドバイザー )
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
Q&A回答への評価:
4.7/24件
サービス:6件
Q&A:98件
コラム:658件
写真:4件
お気軽にお問い合わせください
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
NISA(少額投資非課税制度)を活用するための専門プログラムです!(※外部サイトへのリンクです)
NISAプログラム

不動産投資の解約トラブル

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2018/09/05 04:52

8月28日に不動産投資のセールスの方が訪問され、初めは断ったのですが、しつこかったためとりあえず家に上がってもらい話を聞くことにしました。

初めのうちは興味がなかったのですが、話を聞いていくうちに興味が出てきてしまい、「諸費用(恐らく手付け金など?)は全て弊社が負担しますから」など魅力的な提案をされたため、つい4300万円のマンションの購入申込書に記入してしまいました。(このときに明日からお金が動く(恐らく手付け金のこと?)わけですから、後からキャンセルは出来ませんからねと口頭で言われました)

しかしその日の夜、家族に猛反対されてしまったり、ローンの返済に対して不安になってしまったため、翌日電話で解約したいと伝えると「昨日、後からキャンセルは出来ないってちゃんと伝えましたよね?」「解約するなら既にこちらが払っているお金(恐らく手付け金などのこと?)1200万円今すぐ払ってください」「払って頂けないのでしたら、あなたの家族、親戚に払ってもらいます」「損害賠償請求させて頂きますがよろしいですか?」「営業妨害で訴えますね」などいろいろと言われてしまいました。

たしかに口頭で明日からお金が動くこと、後からキャンセルは出来ないことを伝えられたのは事実なのですが、まだ購入申込書を書いただけで何の契約も取り交わしてないと思うのですが、その場合でも1200万円支払わなければならないのでしょうか?もし支払いを拒否した場合、本当に損害賠償請求や営業妨害で訴えられてしまうのでしょうか?

よっしー0612さん ( 東京都 / 男性 / 29歳 )

荒川 雄一 専門家

荒川 雄一
投資アドバイザー

- good

相対での対応はやめ、公的機関に相談しましょう!

2018/09/05 15:15
( 4 .0)

はじめまして!よっしー0612さん、国際フィナンシャルコンサルタントの荒川雄一です。
さて、契約書(申込書!?)の内容がよくわかりませんが、通常、不動産売買契約の場合は、重要事項説明書にて物件についての詳細な説明を受け、その後、契約書の締結となります。ご質問をみると、突然訪問してきて、その日に契約することは通常あり得ません。
また、4300万円の物件に対して、1200万円の違約金を請求してくること自体、まともな会社とは思えません。
たぶん、これ以上直接話を聞いても、良いように言いくるめられるだけだと思いますので、まずは、公的な機関に相談されるのが良いでしょう。
相手の業者が東京都の宅地建物取引業者であれば、東京都の不動産相談をされてもよいでしょう。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/300soudan.htm#soudan
また、登録免許等が書いていない業者でしたら、消費生活センターなどに相談してもよいと思います。
http://www.kokusen.go.jp/map/ncac_map13.html
「東京都の不動産相談に乗ってもらった」、「消費生活センターに相談した」などと言えば、それだけでも効果はあると思います。
まずは、直接のやり取りを辞め、公的機関や法律相談なども利用して、第三者に間に入ってもらって対応するとよいでしょう。

評価・お礼

よっしー0612 さん

2018/09/05 21:41

ご回答ありがとうございます。

相手の業者は東京都の宅地建物取引業者ですので、また何か向こうが言ってきたら相談してみようと思います。

ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真