タイルのテラス - コラム - 専門家プロファイル

中島 竜一
株式会社外構職人ナカシマ 代表取締役 外構職人
愛知県
エクステリアコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

タイルのテラス

- good

最近、リビングガーデン的な

ウッドデッキとタイルテラスのご要望は多いです。


数年前までは、圧倒的にウッドデッキ希望の方が多かったんですが、

最近は、レッドシダーなど、天然木の耐久性が

なんだかんだいっても、

木のやわらかい部分や、

靴でのぼる部分などは、

手入れしていて、10年ほどもつかどうか。。


ということが、よくいわれていますので

タイルのテラスも、ふたたび、人気がでています。


「じゃあ、タイルのテラスでお願いします。」

と、いわれたときに、


ひとつ問題になることが、


高さなんですよね。


建物には、基礎に換気口があったり、

水切りの上に、基礎パッキンを使った換気口があるわけで、


そういったものをふさぐことは、あまりよくないです。


ウッドデッキのように、

サッシの下の高さで、ほぼ、室内の床と同じ感じで外に出れないものでしょうか。。


との相談をよくうけるわけですね。


というわけで、今回も、

 

タイルのテラスだけで、地味な写真はありますが、


建物との接続部分は、人工木で。

今回は、TOEXさんの木の樹という商品です。


じゃあ、普通にこんな感じで、デッキを接続する部分につくればいいわけね、

と、簡単にはいかず、

タイルのテラスは、

しっかり勾配をとって、水がたまらないようにしてあるので

それにあわせて、デッキも、少し、傾けてつくらないと

きれいにおさまりません。


あと、

タイルは、メチをいれて30cmの寸法が基本ですが、

デッキ材は、そんなにキリのよい寸法ではないので

そのあたりの細かい納まりを、


考えることが、しっかりできる営業さん、設計さん、職人さんか・・・


そこが、ポイントになるというわけです。


図面は、所詮、1/100 1/50ですので、

事件は現場でおきるんだ~~~!


なんですよね。。

 

 

 

このコラムに類似したコラム

テラスモール湘南休館日についてです 市原 真二郎 - カイロプラクター(2013/02/18 22:17)

テラスモール湘南 市原 真二郎 - カイロプラクター(2011/11/25 00:20)