黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

人を動かそうというときに、知っておくべきことのひとつに、

何も言わない、何もしないことも、自分の選択のひとつで、
その選択にも責任を持つことが必要だという考えがあります。

暴言を吐いて問題を起こしたら、その人の責任だというのは分かりやすいですが、問題が起きているときに、事なかれ主義で黙っていたことにも、責任を負うという考え方が大事です。

つまり、言いたいことがあるのなら、その場できちんと発言する。
もしも、言わなかったのなら、あとから相手のせいにしない。
これが、「黙っていたこと、何もしなかったことにも責任を持つ」という意味です。

これは、なかなか厳しい基準です。たとえば、ついぼうっとしていて、大事なことを言いそびれたら、それも自分の責任と考えなくてはならないわけですから。

しかし、困った相手を動かそうと思うなら、この「行動しなかったことにも責任を持つ」という考え方はとても大事です。

なぜなら、自己中心的な人は、キッパリと言い返す人と一緒にいると居心地が悪いのです。そのため、自己主張しない人を見つけて、その人のそばにいることを選びます。
だから、もしもあなたのパートナーが「困った人」で、自己中心的な場合、あなたは自己主張しない役割を担っている可能性が高いのです。

問題を起こしているのは、あなたの目の前にいる「困った人」かもしれないけれど、あなた自身も、「困った人」が問題を起こすのを、「行動しない、Noと言わない、要求をしない」ことで間接的に助けているかもしれない、ということです。

・感情的になって、人間関係を悪化させたことも、自分の選択。
・感情を飲み込んで、無気力になったり、爆発したことも、自分の選択。

・自己中心的に振る舞って、人から疎まれたことも、自分の選択。
・他人に合わせ続けて、自分が何をしたいのか分からなくなったことも自分の選択。

・自己主張をして、相手が去っていったことも、自分の選択。
・自己主張をしないで、面倒な相手と腐れ縁になっているのも、自分の選択。

・嫌なことを「イヤ」と言わなかったために、そのあと延々我慢する羽目になった。
それも、自分の選択。


このように、何かを「した」「言った」ことも自分の選択だし、自分の責任ですが、何かを「しなかった」「言わなかった」ことも自分の選択だし、自分の責任と捉えることが、とても大切なのです。

続きはこちら「人を動かす秘訣:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

【怒り、悲しみ、恐れが出てきた時には】 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2010/06/18 14:17)

「モチベーションを燃やし続けられる人とそうでない人の違いとは?」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/10/13 13:00)

「あなたの人生を変える鍵は?」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/09/14 12:31)

「失恋は運命の人と出会うためにある」 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2013/06/04 09:00)