入門の方には何を忘れたらいけないか?その2 - 英語の文法 - 専門家プロファイル

YRC-Casey
Y.R.C. 英会話スクール 教育企画部 マネージャ
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

入門の方には何を忘れたらいけないか?その2

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語の文法

では、英語の中で最も大切な、つまり忘れたらいけないことの話を続けましょう。

今回は「be」の話に入りましょう。

 

英語を勉強している方に「beの意味は何ですか?」を聞くと、よく答えられているのは「ビー動詞」なんです。しかし「be」=「ビー動詞」で覚えても、それは意味じゃなくてただのネーミングでそれじゃうまく使えるはずがないよね。

 

「be」は色々な形(am,are,isなど)、そして色々な使い方があって多少複雑で見えるかもしれない。しかし英語入門の人には「be」=「です」で覚えたら十分です。とりあえずこれだけすれば、次の文章の中でどれが使っていいと使ってはいけないのがすぐ分かる。

 

1.She is happy.

2.She is a student.

3.She is eat fish.

 

1の「彼女は嬉しいです」と2の「彼女は学生です」には「です」が入っているので、英語の「be」(「she」だからこの場合は「is」になっている)を使わなければなれないだね。しかし「彼女は魚を食べる」を言いたければ、「です」が要らなくて3は使えない(ちなみに正しく言うと「She eats fish」になる)。

 

「be」の正しい使い方を覚えるのはどれだけ大切だとけっこう分かりやすいだな。今日一日自分の日本語の会話で何回ぐらい「です」を言っただろう?少なくはないでしょう?むしろ「です」よりたくさん使っている言葉はあまりないよね。話している相手が「です」の使い方がめちゃくちゃなら、意味もめちゃくちゃになるでしょう。英語では「be」を同じぐらいの頻度に使っていますので、「be」=「です」は忘れたらいけないね。

このコラムに類似したコラム

カナダと愛媛をむすぶオンライン授業 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/12/03 03:00)

O Come All Ye Faithful (神の御子は今宵しも)で英語発音練習 妹尾 佳江 - 英語講師(2016/11/30 00:11)

英語が出来る国世界ランキングー日本は? 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/16 07:41)

カナダからのオンラインレッスンー問題解決能力をつける教育 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/04 04:02)