リーダーの器と組織力学 - コラム - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リーダーの器と組織力学

- good

民主政権の誕生が決まった瞬間からの政治ショーは
へたなドラマよりも視聴率を稼いでいるようです。

勝った候補も、負けた候補も、しばらくは、多くの
メディアから取材を受け、注目を浴びるのでしょう。

ただ、それも、もうすぐ終わり、新政権の陣容が
固まってくると同時に、民主党に対し嵐のような
バッシングが始まるだろうと思います。

このスコールをどう乗り切るかが、鳩山党首を始め
とした、民主党、各リーダーたちの資質が問われる
局面になるのでしょう。

ゆるがない、立ち止まらない姿勢を、どこまでつら
ぬけるのか。

程度の低い中傷に耐え、メディアへの怒りは奥に飲み
込み、その向こう側にいる国民へ、心に響くメッセージ
を送り続ける事が、出来るのかどうか。

今の時点では、心配な限りです。

大切なのは、大局を見据えた「長期展望」を打ちだし、
その方針に則り、一つ一つの問題、課題に、柔軟に
臨んでいけるかどうか、ではないかと思います。

国内的には、

公共工事の問題、補正予算の問題、地方分権の問題、
子育て支援の問題、社会保障(年金等)の問題、介護
の問題、雇用の問題、景気の問題、などなど。

国際的には、

日米路線の見直し、アジアとの関係を再構築、ロシア
との関係修復、EUとの関係強化、希少資源の確保、
北朝鮮問題、温暖化対策、などなど。

勝利に浮かれ、地位や権力の引っ張り合いをしている
場合ではありません。

重ねて強調したいのは、まずは「大方針」を明確に
打ち出すことです。

マニュフェストは「戦術書」であり、国家戦略として
提示するものではないでしょう。

戦術は、状況に応じ、変更する事は可能だし、そうで
なければ、現実的な解決は望めません。

しかして、国家戦略、国家ヴィジョンは、絶対に守る
べき指針であって、ゆるぎのない大目標になります。

あるメディアのアンケートで、今回の民主党の勝利に
関し、各企業は疑心暗鬼であり、一番望んでいるのは
日本の将来像を示してほしい、とのことでした。

常に、リーダーたるもの、選択と決断を迫られる立場
にあり、組織力学との狭間で悩まされると思いますが、

明確な意思を短い言葉で発することこそ、器を示すに
あたっての 一番わかりやすいリーダーシップでしょう。

ここぞという時に「喝」を示せなければ、リーダーの
職に就くべきではないと思います。

足の引っ張り合いは、もう終わりにしましょう。

これからの健全与党、健全野党の頑張りに、心からの
応援のエールを贈りたいと思います。


誌上インタビュー 〔第1弾〜第5弾〕


■ あなたからのメールが、始まりの合図です。個人相談・受付中!!
  【「ご相談者の声」(事例紹介)を参考にしてください。】

   My人事.com http://my-jinji.com/

=================================================================

セミナー検索ドットコム【セミナー情報の専門サイト】
 
 ** 日本一のセミナー専門サイトを目指して頑張っています **

 → ブックマークのお願い: http://seminar-kensaku.com/
    [問い合わせ]E-MAIL: info@seminar-kensaku.com

□-------------------------------------------------------------□

 ▲▽ 〜本田健×澤上篤人×早川周作〜 講演会CDのご案内 ▲▽

 本サイトの『共同運営者』となった日本リーディング総合法務事務所
 早川周作氏[本田健×澤上篤人]両氏との夢のコラボレーションセミ
 ナーのCD化が決定し、本サイトにて予約受付を行う事となりました。

 これほどの豪華メンバーが集まり、実際に話を聞く機会は二度とない
 でしょう。

 この講演会に参加された方もそうでない方も、心の栄養剤、夢実現の
 指南書としてこの機会を逃さず、是非お手元に、一生の「お宝CD」
 として、置いて頂きたいと存じます。

 詳細は、コチラにて → http://seminar-kensaku.com/

=================================================================