和歌山毒物カレー事件最高裁判決 - コラム - 専門家プロファイル

ABC税理士法人 税理士
東京都
税理士
03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和歌山毒物カレー事件最高裁判決

- good

和歌山毒物カレー事件の最高裁判決が、上告棄却と判決された。
これにより林真須美被告の死刑が確定した。
21日15時6分asahi.com記事はこう報じた。

和歌山市で98年7月、夏祭りのカレーに猛毒のヒ素が入れられ、4人が
死亡した事件などで殺人罪などに問われた林真須美被告(47)の上告審で、
最高裁第三小法廷(那須弘平裁判長)は21日午後、弁護側の上告を
棄却する判決を言い渡した。
これにより、林被告の死刑が確定する。

林被告はカレー事件のほか、夫や知人男性に対する殺人未遂事件と
保険金詐欺事件で起訴された。
捜査段階では黙秘を貫き、公判でも保険金詐欺を除いて一貫して無罪を
主張してきた。

公判で最大の焦点となったカレー事件では、林被告と犯行を結びつける
直接証拠がなかった。
検察側は(1)殺人未遂事件を含め、林被告がヒ素などを使って夫や
知人らの殺害をはかった「類似事実」が存在する(2)カレーに混入された
ヒ素は林被告の自宅にあったものと同一(3)カレーへのヒ素混入の機会は
林被告にしかなかった——などの状況証拠によって立証してきた。

弁護側はいずれの点についても反論してきたが、一審・和歌山地裁、二審・
大阪高裁はともにカレー事件が林被告の犯行だと認めて死刑としたため、
最高裁に上告。
今年2月24日に開かれた弁論でも「カレー事件は金銭目的の保険金詐欺と
異なり、林被告に動機がない」と強調し、改めて無罪を主張した。

また、ほかの状況証拠についても「ヒ素に関する鑑定は信用できない」
「カレー鍋付近で林被告を見たという住民の目撃証言は、林被告の次女と
見間違えた可能性がある」「他の人にも混入の機会はあった」と述べ、
上告棄却を求める検察側に反論していた。



町内会の夏祭りで振舞われたカレーに砒素を混入し、無差別殺人を企図した
として世間を恐怖に陥れた和歌山毒物カレー事件も約12年かかって
やっと決着した。

直接の物証がなく、状況証拠しかなかったため、検察の立証行動を裁判所が
容認できるのかが注目されるところであったが、状況証拠の判然性が高いと
認められたのであろうか、死刑が確定することとなった。

この5月21日から始まる裁判員制度が導入された後は、法律家の常識
ではなく、市民感情も量刑の考慮事項になりえるであろうから、このような
状況証拠のみによる立証であっても死刑判決が下される可能性は高まるだろう。

しかし、それは冤罪を招く危険性を孕んでいるものであり、検察側の
立証行動には、なお一層、慎重かつ確実な行動が求められよう。

マスコミによってミスリードされた情報が独り歩きして、冤罪が起き易い
社会になってしまうことに危惧するところですが、裁判における判断が
市民感覚を取り戻す方向に向かうのであれば、納得できる裁判が増えること
にもつながり、望ましいのですがね。

判決文を読んでいないので、状況証拠についてどこまで踏み込んだ判断が
なされているのか判りませんが、状況証拠の判然性が極めて高いと評価
されているものと信じたいところですね。

そうでなければ、冤罪を産みかねない状況証拠のみによる犯罪の認定には
賛成しかねるところですね。

皆さんはどう思いますか?
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
ABC税理士法人 税理士

企業の税務対策、自計化サポート!「下町の頼れる税理士」です

刻々と変わる経済情勢や法律に対応しながら、体系的な法律知識を持って、企業様の税に関する不安を解消し、安心できる節税対策を行います。お客様と直接お会いし面談しながら、企業内での自計化など、適切な会計処理を含めた税務指導を行っています。

03-5850-2331
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。