米国の大統領選挙に思うこと - コラム - 専門家プロファイル

葉玉 義則
ニューボイスジャパン株式会社 代表者
キャリアカウンセラー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国の大統領選挙に思うこと

- good

つい先日、米国民の圧倒的支持を受け、米国の大統領が
決定しました。

長い選挙戦でしたが、これからの4年間を米国の国民は
オバマ氏に託す選択に、舵を切ったと云えるでしょう。

これまで不人気のブッシュ大統領でしたが、それでも
任期途中のリタイアはなかったし、米国では一切、
そういう声は起きませんでした。

「任せる」「責任を担う」ということは、
そういうことだと思います。

今回の選挙結果が、これからの4年間をどう形成するのか、
神のみぞ知るの世界ですが、少なくとも、オバマ氏は、
4年間という時間の保証は得られたわけです。

何か、仕事を成すということは、それなりの時間が
必要だし、ある意味、大統領制というのは、
良くできた制度だと思います。

日本は、議会制民主主義の形態をとっており、与党の総裁が
首相に収まる、という世界ですから、どうしても、党=組織
優先の仕組みが定着し、魅力的な若いリーダーが育ちづらい
政治風土になっています。

さびしい気もしますが、村社会である日本には、合っている
制度かもしれません。

しかし、未曽有の課題が山積している今、これまでの常識や
力学にとらわれていては、世界に取り残され、国力が衰退
していくのは、誰の目にも明らかです。

日本の場合、小さいスケールで、それぞれに支持を受けた
民間大統領とも云える各地域、各ジャンルのリーダーたちが、
元気よく走りまわることこそ、一番現実的な改革解放運動に
つながるのかもしれません。

米国の大統領選を半ばうらやましく思いながらも、日本に
だって、まだまだ維新の可能性は残っていると、心の中で
小さくつぶやく今日この頃です。

さてさて、日本の選挙は、いつ行われることやら、、、。

少なくとも、次の総裁には、任期まで、頑張って頂きたい
ものですね。


誌上インタビュー 〔第1弾〜第5弾〕

■ あなたからのメールが、始まりの合図です。個人相談・受付中!!

   My人事.com http://my-jinji.com/
 
■ セミナーやイベントなど、無料で各種情報の投稿掲載を受付中!!
  〔現在、改装中。11月11日、リニューアルオープン予定。〕

   セミナー検索ドットコム http://seminar-kensaku.com/

■ 教育の原点は、赤ちゃん教育! 赤ちゃん教育の原点は、親認識!

   日本ナニー協会 http://nanny-japan.com/